ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

同窓会で再会したマドンナ、「見た目」を残念に感じた人が6割超の現実

唐仁原俊博[ライター]
【第39回】 2016年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
学生時代に可愛いと思っていた女性に同窓会で再会したときの感想は……。実は「見た目のレベルが下がった」という人が65%という現実があった

同窓会で“あの娘”との再会
ガッカリする人のほうが多数派!?

 おととしの年末、かなり久々に実家で年末年始を過ごした。実家は地域分類的には「南国」にあるのだが、東京と比べても気温はほとんど同じくらい。さらに悪いことに風邪まで引いてしまい、結構な時間、ふとんにくるまって寝ていた。1週間の帰省の思い出は「フリーライターなんて恥ずかしい」という親戚と言い争いになったことと、高校の同級生たちとの同窓会くらいだ。

 東京に出てきている同級生もいるが、ほとんどの出席者と顔を合わすのが10年ぶり。家業を継いでいる人もいれば、前日夜に出張先で飲み明かしてきた銀行マンもいた。授業中に悪ふざけばかりしていた友人たちが、変わったり変わっていなかったりする姿を見るのは、感慨深いものがあった。

 さて、カバーマーク株式会社が「過去5年以内に参加した同窓会で“学生時代に可愛いと思っていた女性”と再会したことのある」35歳~49歳の男女500名を対象に「同窓会での再会」に関する調査を行ったので、その結果を紹介しよう。

 まずは「“学生時代に可愛いと思っていた女性”を同窓会で見たときに、「見た目のレベルが下がった」と感じましたか?」という質問。……ずいぶんとシツレイな質問に感じるが、「はい」と答えたのは65%。身も蓋もない。

 ちなみに私も同窓会で“学生時代に可愛いと思っていた女性”と会ったが、見た目のレベルが下がったとは感じなかった。うそじゃないよ。「思ってたより変わってないなー」と思ったのが正直なところ。本当は「きれいになったねー」とか言えたらいいのかもしれないけど。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


データで読み解くニッポン

今の日本の姿はデータから読み解ける――。そのコンセプトの下、この連載では様々なデータから日本の今を探ります。

「データで読み解くニッポン」

⇒バックナンバー一覧