ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

投資家の集まりのメリットと注意点

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第158回】 2010年12月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 最近、個人投資家のサロン的な会合が話題になることが増えた。

 たとえば、『投資信託にだまされるな』(ダイヤモンド社)の著者である竹川美奈子氏と、投資をテーマとしたブログ「rennyの備忘録」の管理人であるrenny氏が主宰する「コツコツ投資家が、コツコツ集まる夕べ」は月に1度、都内で開催されていて、毎回30~40人くらいの主に個人投資家が集まって歓談している。「コツコツ」以外にも、投資家同士が集まる会合がほうぼうにできている。

 筆者は、コツコツの会合に何度か出たことがある。会は、高くない会費制で、ビールなどを飲みながら、出席者同士が思い思いに会話することを中心に行われている。出席者に対する簡単なアンケート結果などを、主宰者側から発表することはあるが、大々的なプレゼンテーションがあるわけではない。出席者同士がひたすら談話しているというのが、会の様子だ。

 金融関係者やFP(ファイナンシャルプランナー)などではない一般投資家が集まることには、いくつかのメリットがある。
筆者の感ずるところ、出席者にとって最大のメリットは、自分と似た問題意識を持ちながら、おカネの運用を行っている「同じ立場の人」の存在を身近に感じることなのだろう。不確実な対象を相手にする以上、投資には心をざわめかせる要素が多い。しかし、心理的に不安定であることは、投資にとって好ましくない。同じ問題に取り組んでいる他人を間近に感じることの精神安定効果は大きい。

 もう一つのメリットは、情報交換だ。自分1人では気づかない運用商品もあるし、自分だけでは評価が難しい運用商品(大半は検討する価値すらないが)について、他人から情報・意見を吸収できることのプラス効果は小さくない。この場合、情報の受け手のメリットは明らかだが、じつは、情報を提供する側にも張り合いがある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧