ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
会話もメールも英語は3語で伝わります
【第11回】 2016年10月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
中山裕木子

日本人の英語には受動態が多い
特許翻訳者のシンプルな伝え方

日本語をそのまま英語にすると、「~によって、~された」の受動態になるパターンが多くあります。

しかし受動態は、責任の所在が不明で、ぼんやりした英語になりがち。「~が、~した」という能動態で表現するようにしましょう。

受動態になりがちな文を、能動態にするテクニックをご紹介します。

「伝わる英語は、やさしい英語」をモットーとし、最新刊『会話もメールも 英語は3語で伝わります』の著者である中山氏に、その詳細を語ってもらいます。

受動態を捨てよう

 能動態と受動態を比べると、能動態は力強い印象を与え、責任の所在を明らかにします。

中山裕木子
(なかやま・ゆきこ)

株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 専任講師。1997年より企業で技術分野の日英翻訳に従事。2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出会う。特殊で難解な特許の英語であっても、平易に表現できないかと模索を始める。2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2004年、フリーランス特許翻訳者になる。同時に、公益社団法人日本工業英語協会の専任講師に就任し、企業や大学の理工系研究者に対し、技術英語・特許英語の指導を始める。2014年4月、技術英語を専門とする翻訳と教育の会社、株式会社ユー・イングリッシュ設立。高品質の技術翻訳サービスと技術英語指導サービスの提供により、日本企業や大学における技術系英文の品質向上に尽力する。「伝わる英語を身につける」をモットーに、京都大学、名古屋大学、同志社大学などにて、非常勤講師として、大学生の英語力を日々高めている。著書に『技術系英文ライティング教本』(日本工業英語協会)、『外国出願のための特許翻訳英文作成教本』(丸善出版)がある

「~が~された」といった客観的な表現よりも、「~が~した」というように「動作主」を明らかにした表現を使うことで、潔く明快にコミュニケーションを進めることができます。

 受動態を使うと、「動作主を隠したい」「ぼんやりした印象を与えたい」ということが伝わってしまいます。また単純に、語数が増えて伝わりにくい、間違えやすいという欠点もあります。

意図的に動作主を隠したり、ぼんやりした印象を与えたいという場合を除いて、思い切って受け身形を捨て去りましょう。

 ではさっそく、「受動態→能動態」の練習をしてみましょう。

「私は美しい映画に、感動した」
I was moved by the beautiful movie.

The beautiful movie moved me.
I like the beautiful movie.
I enjoyed the beautiful movie.

 by が登場する受動態は、by 以下を主語にして態を単純に変換します。または、発想を変えてI を主語にし、簡単な動詞(like やenjoy)を使って表現してもよいでしょう。

「旅行の工程はパンフレットに記載されている」
The tour schedule is written on the brochure. 
brochure=パンフレット

The brochure shows the tour schedule.
You will find your tour schedule on the brochure.

 by が出てこない受動態の場合でも、文中に登場するものを主語に持ってきましょう。主語は「モノ」または「人」が可能です。受動態の文に隠れている「人」を主語にして組み立ててもかまいません。

「スタートボタンを押せば、車のエンジンを始動できる」
If you press the start button, the car engine can be started.

You can start the car engine by pressing the start button.
Pressing the start button will start the car engine.

 主語は「人」も「動作」も可能です。「スタートボタンを押すこと」という動作をPressing the start button のように表しても大丈夫です。

 内容がダイレクトに伝わる能動態を使いましょう。「人」「モノ」「動作」から主語を決めたら、主語に合う平易な動詞を選び、能動態の文を組み立てましょう。「誰かが何かをする」という基本を守り、「3語の英語」で組み立てるのです。
※「3語の英語」の詳細記事
―日本人の英語は「長くて、難しい」3語でしっかり伝わりますー

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


中山裕木子 (なかやま・ゆきこ)

株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 専任講師。 1997年より企業で技術分野の日英翻訳に従事。2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出会う。特殊で難解な特許の英語であっても、平易に表現できないかと模索を始める。2001年に工業英検1 級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。
2004年、フリーランス特許翻訳者になる。同時に、公益社団法人日本工業英語協会の専任講師に就任し、企業や大学の理工系研究者に対し、技術英語・特許英語の指導を始める。2014年4 月、技術英語を専門とする翻訳と教育の会社、株式会社ユー・イングリッシュ設立。高品質の技術翻訳サービスと技術英語指導サービスの提供により、日本企業や大学における技術系英文の品質向上に尽力する。
「伝わる英語を身につける」をモットーに、京都大学、名古屋大学、同志社大学などにて、非常勤講師として、大学生の英語力を日々高めている。著書に『技術系英文ライティング教本』(日本工業英語協会)、『外国出願のための特許翻訳英文作成教本』(丸善出版)がある。


会話もメールも英語は3語で伝わります

ビジネス英語の最難関、「特許翻訳」のプロフェッショナルが、英語習得の最短ルートを提案! コツはたった1つ。主語、動詞、目的語の「3語」を並べるだけ。SVO(誰かが、何かを、する)を極めることが、すべての基本。「3語」の組み立てパターンも徹底解説! これであなたの英語が変わります!
 

「会話もメールも英語は3語で伝わります」

⇒バックナンバー一覧