ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

みずほ信託銀行社長 野中隆史
マスリテールは譲渡し
信託機能の提供で存在感

2010年12月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Toshiaki Usami

──みずほ信託銀行(TB)と、みずほ銀行(BK)が個人向け事業で提携する狙いは。

 みずほフィナンシャルグループ(FG)の傘下銀行は、それぞれミッションが明確だ。個人に広くサービスを提供する“マスリテール”は、BKが取り組むべき分野。しかしTBは信託という“機能”を提供する側面が大きい。

 店舗網やATMの数といったインフラの規模は、TBとBKでは、まったく違う。だから、われわれが持っているマスリテールの顧客層を、BKにシフトしていくべきだと考えていた。もともとFG全体の次期システムの完成までに整理したいと考えていたが、完成を待たずとも、ある程度の投資で実現できることがわかった。

 そのためサービスや商品、インフラをいち早くBKにシフトさせることを決めた。住宅ローンの新規獲得も10月にやめた。TBの戦略商品ではないからだ。

──それでは、TBのミッションは何なのか。

 顔を突き合わせて長期間にわたってサービスを提供していくことだ。われわれはこれを“顔の見える顧客”への特化と呼んでいる。
顧客層でいえばシルバー層、地権者、富裕層。サービスとしては、不動産や遺言信託が大きなビジネスになる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧