ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
知ったら住みたくなるケンミン性

魅力度ランキング2位「京都」に住んでわかる理想と現実

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第6回】 2016年10月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
秋の紅葉が美しい季節。京都の人気はますます高まります

 先日、2016年「都道府県魅力度ランキング」が発表された。毎年話題になるこのランキング。注目は、安定した最下位争いをする北関東3県だが、これまた上位3県も安定した確固たる地位を築いている。

 1位になったのは北海道で、2位は京都府、3位に東京都が続く。この並びは2年連続で、多くの人が納得する結果だろう。なかでも京都府は、このランキングを含む「地域ブランド調査2016」の他の主要な評価項目でも上位を獲得している。観光意欲度2位、訪問率2位、認知度3位、産品購入意欲度2位…。何をとっても京都は上位なのだ。

 また京都市も、全市区町村の魅力度と観光意欲度ランキングの両者で函館市に次ぐ2位。認知度は新宿区をおさえて全国トップとなるなど、これまた上位を獲得している。

 ここまで人気が高ければ、京都に憧れて住みたいと思う人も多いはず。実際、居住意欲度ランキングでは京都府、京都市ともに4位にランクインするほどの人気を誇る。

 「移住説明会を開くと、1回で30人ほどが訪れますが、6対4くらいで女性が多いですね。単身の女性かご夫婦が多く、男性おひとりはほとんどありません」

 こう語るのは、京都移住計画で「住む担当」をしている岸本千佳さん。女性を中心に大人気ではあるものの、岸本さんが「京都観光と京都移住には、とても大きなギャップがある」と語るように、実のところ京都移住は簡単なことではない。

 一体、京都に住んでみると、観光では見えないどんな姿が浮かび上がるのだろうか。

京都市以外は「京都出身」じゃない!?
同じ府内で全く異なる姿

京都といえば、清水寺など有名な神社仏閣のイメージを持つ人が多いのでは?

 京都というと、京都市内をイメージする人が多いだろう。だが、京都は意外にも広く、一般的には知られていない場所がまだたくさんある。

 前出の魅力度ランキングを市町村別でみていくと、京都府内で京都市に続くのは宇治市(全国52位)、舞鶴市(189位)。北海道のように、函館市(1位)や札幌(2位)、小樽市(4位)、富良野市(6位)といった人気の街が続々上位にランクインするところと比較すると、限られた地域が京都府の魅力を作っていることがわかる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


知ったら住みたくなるケンミン性

日本の都道府県には、地元の人しかしらない、まだ多くの人に知られていない魅力がたくさんあります!この連載では、毎回、都道府県を1つずつ取り上げ、知ったらきっと住みたくなる、ケンミン性と意外な魅力を紹介します

「知ったら住みたくなるケンミン性」

⇒バックナンバー一覧