ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就職できない若者の「トンデモ言動」

就活生に親が言ってはいけない「NGワード」

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]
【第67回】 2016年11月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
応募先の企業に関して、就活する皆さんは親の意見等に振り回されず、自分の意思で受けていますか?

 「宇宙飛行士になりたい!」

 もし就活中の自分の子どもが突然こう言ったとしたら、親の立場としてあなたはどう対応しますか?

 「記念に応募してみて、ダメなら諦めなさい」「夢みたいなことを言ってないで、就職を真剣に考えなさい」「またそうやって現実から逃げているのか」

 子どもに対してこのように言いますか?

 宇宙飛行士といえば、たとえばJAXA(宇宙航空研究開発機構)などが連想されます。JAXAは応募総数を発表していないものの、倍率は何百倍、何千倍になるとも言われています。

 宇宙飛行士はあくまでたとえ話の1つですが、就職活動支援の場で一所懸命に就職しようと努力している若者にとって、一気に就職への機運をなくしてしまう親の一言は、冒頭のような全否定です。

 さすがに宇宙飛行士の例は極端かもしれませんが、苦労して内定を勝ち取ったにもかかわらず、「聞いたことない会社だが、本当に大丈夫なのか」「もっと違うところへ行け!」「安定している企業に就職しろ!」などという言葉も同様です。

 そこで、今回は、就活生がやりたいと考える仕事について、親がつい言ってしまうNGワードについて考えてみたいと思います。

就活生の進路に
親の考えを押し付けていないか 

 実際、内定をもらっていた就活生の中には、「親の許しが出ないので辞退します」という方もいます。こうした場合、大きな要因として、子離れできない親に問題があるようです。なぜなら、大企業に勤めていてもリストラが行われる時代になり、安泰ではなくなったからです。

 このような時代の中でかわいい子どもを思うあまり、就職にも親の考えを押し付けたり、希望を託しすぎてしまうようです。その結果、親に対して気を使いすぎてしまい、自分の本音を言い出せないという就活生も少なくないのです。

 いずれにしても、ここでお伝えしたいのは「親が出て来てはいけない」のではなく、就活生が「自分で判断をしなくなる。できなくなる」「自分の進路選択を放棄してしまう」というように、自律性を奪ってしまう恐れがあるということです。

 そうなると仮に親の望む企業を受けようとしても、書類選考で通過するレベルの志望動機が作れません。就活生本人の意思で志望しているわけではないからです。

 また幸運なことに、書類選考に通過し、その後の面接を経て内定を勝ち取ったとします。たとえその会社に就職したとしても、仕事で何か大きな壁に直面したときに踏みとどまる理由がなくなってしまいます。なぜなら、そもそもその企業に入ることが目的達成となっているからです。これでは、本人も家族も会社も不幸になってしまいます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]

1980年生まれ。大手通信会社の人事部、総合人材サービス会社の若者専門コンサルタントを経て独立。
2010年から500名を超える若者を支援し、年間のカウンセリング数は1200回を超える。 独立後は若年者、主婦の再就職、雇用支援機構や公共事業の講師・コンサルタントを中心に活動中。ホームページ:http://www.sakuraichirin.tokyo


就職できない若者の「トンデモ言動」

一部の若者が大量の内定をもらう一方で、ある一定数の若者は1社も内定をもらえない――。そんな現実が今の就職市場にあります。そんな就職難の実態を景況感のせいにしてしまいがちですが、実は内定をもらえない若者には特徴があります。それは、彼らが「トンデモない言動」をすることです。この連載では、3年間で450人ほどの就職できない若者を支援してきたキャリアコンサルタントの櫻井樹吏さんが、彼らのトンデモ言動の中身と、そんな彼らがどう就職していったのかをお伝えします。

「就職できない若者の「トンデモ言動」」

⇒バックナンバー一覧