ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インベスターZと学ぶ 16歳のお金の授業
【第10回】 2016年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー

「儲けたいと思わないかぎり、一生儲からない」
『インベスターZ』三田紀房氏に聞くお金のこと<最終回>

1
nextpage

『インベスターZ』をはじめ、『エンゼルバンク』や『砂の栄冠』など「お金」がキーとなるマンガを多く手がけている三田紀房氏。三田氏は「お金」についてどう考えているのか?

最終回である今回は、ずばり「どうやったらお金持ちになれるのか?」について伺った。返ってきた答えはシンプルで本質的なものだった。

聞き手・編集:竹村俊介(ダイヤモンド社)、写真:宇佐見利明

「儲けたい」と思わない限り、儲からない

――お金のマンガを数多くやられているということで、三田さんなりの「儲けの極意」を教えてほしいのですが……。

三田 でも、「儲けたい」「お金が欲しい」って思わない限り儲からないし、お金は集まらないですよ。思った人にしかお金は行かないので。思わない人には一生来ないですね。

――じゃあ、ほとんどの人は「儲けたい」と本気で思ってないと。

三田 そうですね。「儲けたい」なんて言うと、まわりから反発食らうんで、みんな黙ってる。「そんなこと言っちゃいけないのかな」って、道徳的に自分でブロックしてしまう。でも、そういう人には一生お金は来ないですよね。お給料以外には来ない。人から与えられるものしか来ないんです。

――じゃあ、ほとんどの人は「お金あればうれしいけど……」くらいにしか考えてないから、お金は一向に増えないと。

三田 まぁそういうことです。それはもうわかりきったことですよね。「お金が欲しい」「お金持ちになりたい」と思わない限り、お金持ちにはなれない。親の遺産でも入ってこないかぎりは。

――なるほど、まず意志ですよね。ところで三田さんは、以前「マンガって、単行本の儲けは大したことないんだよ」って仰っていました。どういう意味なんでしょうか?

三田 単行本の印税って一過性のものなんですね。たとえば1000万部売れたとしても、せいぜい持って4~5年ですよ。というのも税金の存在があるから。一気にドバーンとお金が入ってきても「3年前まで貧乏でした」って言えば、そう「みなして」課税してくれる。ただ、4~5年経つと、その所得そのものに対して税金が来るんで、そこからガバッと引かれちゃう。(編集部注:印税などで急に所得が増えた場合でも、その増えた部分を「5年間で受け取った金額」とみなして税金が計算される。変動所得に対して適応される平均課税制度のこと。)

 だから、意外と儲かってる期間って短いんです。

――夢の「一攫千金」は、そこまでおいしくない……。

三田 なので、そこからどうやってそれを1回転、2回転、3回転させていくか。1つの資金を2回転、3回転させて増やしていく方法を取らない限り、ずっと儲けるというのは難しい。

 20代で億万長者になったのに、50代の今、すごく悲惨なマンガ家って、実はいっぱいいますよ。大切なのは「どうやって、最初の資金を回転させるか」「なるべく長く、ずっと回り続けるようにするか」っていうことをきちっとオペレーション立てておくこと。

『ドラゴン桜』も「単行本が売れました」で終わりにしてはいけないんです。そのあとに、英語の参考書とか、ドリルとか、いっぱい出してるんですよ。

――いまだに出てますよね。

三田 そうすると、そういうものはずっと売れる。関連商品は売れ続けるんで、何もしなくても、それに対する印税は入ってくる。つまり「長く続く価値をどうやって作るか」「モノが回転していくオペレーションをどう立てるか」っていうことが大事なんですよ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



インベスターZと学ぶ 16歳のお金の授業

お金に関する本はたくさん出ているが、やはり正体がわからない「お金」という存在。そこで、お金を語ってもらうのに「最高の講師」を迎え、学校では教えてくれないお金の授業を展開する!

「インベスターZと学ぶ 16歳のお金の授業」

⇒バックナンバー一覧