ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

「タイガーマスク運動」は本当にただの自己満足か?
“伊達直人”的心理に潜む子ども世代への罪滅ぼし意識

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第159回】 2011年1月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

全国規模で盛り上がる慈善運動は
本当に単なる「自己満足」なのか?

 「漫画『タイガーマスク』の主人公・“伊達直人”を名乗る人物が、児童養護施設にランドセルを寄付した」というニュースを、おそらく多くの人が、最初は「珍しい美談もあるものだ」と何気なく聞き流していたことだろう。

 ところが驚いたことに、その後全国で何人もの“伊達直人”が出現。伊達直人ばかりか、漫画『あしたのジョー』の主人公・矢吹丈や『肝っ玉母さん』『桃太郎』などを名乗り、日用品や現金などを施設に贈る人々が続出している。一連の出来事は「タイガーマスク運動」と呼ばれ、今では一種の社会現象になっている。

 この現象に対して、「そうした美談があるとは、日本も捨てたものではない」「日本人が持っている互助主義の表れ」といった好意的な見方がある一方で、「単なる自己満足」「マスコミが作り上げた幻想」など、批判的なコメントも目につく。

 確かに、当事者が現れないのだから、行動の本当の意図はわからない。それを、第三者であるメディアが面白おかしく取り上げている部分は、否定できないものがある。

 しかし、何人かの“伊達直人”は、恵まれない境遇の子どもたちに、何かしらの暖かさを確かに伝えたかったはずだ。そして、その行動に共感した人々が、「恥ずかしいから自分が何者かを明かさずに、特定の境遇の子どもたちに何かしてやりたい」と思うことは、特別なことではないだろう。

 重要なポイントは、そうした状況の背景にある、人間が持つ心情や心理を理解することではないだろうか。それが見えると、一見不可解に思えるこの現象を解きほぐすことが可能になるはずだ。

 ある社会学者の1人が、「21世紀は心理学の世紀」と指摘したという。こうした出来事からも、この言葉はそれなりの説得力がある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧