ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

受験から入学まで200万円!大学進学を助ける奨学金最新事情

藤崎雅子
2016年11月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
大学受験から入学するまでにいくらかかるのか、保護者の方はきちんと把握していますか?

1人暮らしを始めるなら
私大生で200万円必要!

 大学入試センター試験も間近に迫り、いよいよ受験シーズンに突入する時期になってきた。この時期、大学受験生の保護者がすべき最も大事なことは、進学費用の準備だろう。

 大学受験から入学するまでの期間に、およそどれぐらいの出費があるのかご存じだろうか。

受験関連費用の平均額は国公立、私立を問わず40万円を超える

 まず、出願が始まる1月から必要となる受験費用がある。検定料だけでも国公立大学の二次試験は1件1万7000円、私立大学は1件3万5000円程度が標準だ。このほか、受験会場までの交通費や、遠方の場合は宿泊費、スケジュールによっては滑り止め校への納付金が必要になる。

 日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果」(平成27年度)の調査によると、入学しなかった学校への納付金を含めた受験関連費用の平均額は、国公立大学進学者で42万4000円、私立大学文系進学者で41万5000円、私立大学文系進学者で44万4000円と、いずれも40万円を超えているという。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


消費インサイド

今の世の中、いったいどんな商品やサービスが流行っているのか? それを日々ウォッチすることは、ビジネスでヒントを得るためにも重要なこと。世間でにわかに盛り上がっているトレンド、これから盛り上がりそうなトレンドを、様々な分野から選りすぐってご紹介します。

「消費インサイド」

⇒バックナンバー一覧