ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

菅首相はすでに「詰んでいる」のではないか

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第166回】 2011年2月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

小沢氏が強制起訴になってみると

 将棋や囲碁などの世界には「三手の読み」という言葉がある。自分がこう指す(囲碁の場合「打つ」)、すると相手がこう来るだろう、ならば自分はこう指そう、という一組の思考のことだ。

 これが「読み」というものの基本であり、長手数にわたる上級者の読みもこの積み重ねだと教えられる。その原理は簡単なのだが、実践はなかなか難しい。特に、相手がどう来るかというところを正しく読むことが難儀で、三手先といえども正確な読みは難しい。これが、政治の世界ともなると先の読みはますます困難だが、今回、「小沢一郎元民主党代表の強制起訴」という一手が進んだので、今後の局面を考えてみたい。

 小沢氏は政界有数の囲碁の打ち手らしいが、今回は主に将棋に譬えよう。

 小沢氏自身の状況は、自身が攻めに転ずることは出来ないが、まだまだ粘りがきく穴熊囲いの中の王様のような状況ではないか。相手側が無理に攻めようとすると反動が大きい。

 小沢氏に対する周囲の態度は、現在、民主党執行部が小沢氏の自発的な離党と国会の政治倫理審査会への出席を要求しており、有力野党である自民、公明、みんなの党の各党は証人喚問を要求する立場だ。

 しかし、自発的な離党も政治倫理審査会への出席も小沢氏が事実上拒否しており、実現の見込みはなく、この攻めは手詰まりだ。

 民主党執行部は、これまでの流れからすると、これを除籍や党員資格停止(党からの資金が得られなくなり、選挙で公認されなくなる)にまで持って行く方向に動くのが自然だが、昨年末くらいから「小沢叩き」が内閣支持率の上昇につながらなくなっており、この流れを見た(と思われる)公明党が証人喚問要求に足並みを揃えて反菅政権の立場を明らかにしたことの意味が大きく、これらを実行しても効果がのぞめそうにない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧