ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
トヨタ公式 ダンドリの教科書 
【第3回】 2016年12月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
トヨタ自動車株式会社 業務品質改善部,佐々木眞一

使えないマニュアルに書かれているのは、
手順だけで、「○○○○○」がない

1
nextpage

なぜ、オフィスの仕事の生産性は上がらないのでしょうか。トヨタ自動車でホワイトカラーの業務の質の向上を推進するメンバーが、トヨタグループ内外の仕事の進め方の参考としていただければと編集した書籍『トヨタ公式 ダンドリの教科書』から、注目のノウハウを紹介します。今回は、使えないマニュアルの特徴について本書でのコーチ役、吉野部長が解説します。

トヨタの仕事術で重視する
「知見」を伝えるということ

 異動などで新しい担当者に代わったら、またゼロから仕事を始めなければいけない。担当者が変わるたびに同じような失敗が繰り返されている。その人しかできない仕事が増え、担当者が変わると仕事の質が低下してしまう。

 先人たちの「知見」を活かせず、失敗を繰り返していては、各担当者の成長はもとより、職場力も向上していきません。

 ホワイトカラーの生産性を阻害している理由の一つには、知見がまったく伝承されていないことが挙げられます。

 多くの職場で「マニュアル」が作られたりしていますが、マニュアルはやることだけが書かれていることが一般的です。それぞれのやることで、「何が必要か」までは書かれていない。「過去の失敗」や、その「仕事を実施する理由」なども書かれていることは少ない。

 具体的には、トヨタの仕事術で重視される「目的・目標」「最終的なアウトプットイメージ」「判断基準」「必要なもの」といった内容は網羅されていないことがほとんどです。これでは、マニュアルとしては役に立ちません。

 それを網羅したものへとバージョンアップしていく必要があります。そこには、振り返りで明確になった問題点と、その改善策、うまく進められたことも記していきます。次の仕事の財産として活かしていくことで、仕事の質が向上していきます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
経済は地理から学べ!

経済は地理から学べ!

宮路 秀作 著

定価(税込):2017年2月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
地理から学ぶ、経済のしくみ。経済とは、土地と資源の奪い合いである。 地理を学ぶとは、地形や気候といった自然環境を学ぶだけではありません。農業や工業、交通・通信、人種・民族、宗教、言語、村落・都市、貿易にいたるまで、現代世界で目にするありとあらゆる分野を学びます。世界の本質を「地理」から学ぶ!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR


トヨタ自動車株式会社 業務品質改善部

業務品質改善部は、グローバルトヨタの一人ひとりが、お客様第一・品質第一の立場に立ち、自らが仕事を改善できる、そのためのしくみづくり・人づくりによってもっといいクルマ、もっといいサービスに貢献することを役割としている。

佐々木眞一 [トヨタ自動車株式会社 顧問・技監]

1970年3月 北海道大学工学部機械工学科 卒業
1970年4月 トヨタ自動車工業株式会社(現トヨタ自動車)入社
1990年4月 トヨタ モーター マニュファクチャリング UK 株式会社 品質管理部長
1995年1月 トヨタ自動車株式会社 堤工場 品質管理部部長
2001年6月 取締役就任
2003年6月 常務役員就任
2004年6月 トヨタモーターエンジニアリング・マニュファクチャリングヨーロッパ株式会社 取締役社長
2005年6月 専務取締役就任
2005年10月 トヨタモーターヨーロッパ株式会社 取締役社長
2009年6月 取締役副社長就任
2013年6月 相談役・技監就任
2015年11月 著書『現場からオフィスまで、全社で展開する トヨタの自工程完結』上梓
2016年7月 顧問・技監就任


トヨタ公式 ダンドリの教科書 

これがダンドリ重視の「トヨタの仕事術」。仕事の流れの8つのポイントに沿って、使える具体的なノウハウを合計48紹介。使えるノウハウを使うだけで、仕事をミスなく、スムーズに進められるようにカイゼンできる。

「トヨタ公式 ダンドリの教科書 」

⇒バックナンバー一覧