ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
トヨタの自工程完結 ウェブ版
【第2回】 2015年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木眞一

トヨタが新たに取り入れた考え方を
カンタンに紹介します

1
nextpage

トヨタの現役幹部による最新刊『現場からオフィスまで、全社で展開する トヨタの自工程完結』から、読みどころを抜粋してお届けしています。今回は、仕事の質を向上させるために、トヨタが新たに取り入れた考え方「自工程完結」とはどういう問題を取り扱うのか、カンタンに紹介します。

オフィスでよく見る残念な風景

 例えば、こんなことがオフィスで起きていないでしょうか。

1.「これをまとめておいてくれ」と上司に書類作りを依頼された部下。「はい! わかりました!」

 ところが、でき上がった書類を見て、上司はイマイチ顔。

上司「いや、これはお客さまとの打ち合わせに使うものなので、社内用語を散りばめたような書類を求めていたんじゃないんだよね……」(先に言えばよかった)
部下「やり直しですか……」(先に言ってくださいよ)

 部下は一生懸命に仕事をしていたのです。ところが、上司の評価が得られなかった。どうしてこんなことが起きてしまったのか。それは、こういうことではないでしょうか。

→ 何のために資料をまとめるのか、「目的」の共有がなかった。

 ほかにも、こんなことが起きていないでしょうか。

2.「部長との相談のために、このデータをまとめておいてくれないか」と上司にお願いされた部下。「はい! わかりました」(よし、頑張ってまとめるぞ)

 ところが、上司は不機嫌顔。

上司「いや……。こんなに細かくなくてもよかったんだけど……」(しかも上がりが遅い。もっとざっくりでよかったんだよ)
部下「そんな簡単なものでよかったんですか……」(なんだよ、もう)

 これもまた、部下は一生懸命に仕事をしていました。なのに、上司の残念そうな声が聞こえてしまった。どうしてなのか。こういうことだと思うのです。

→ どんな資料をまとめるのか、「アウトプットイメージ」を共有できていなかった。

 例はほかにもあります。

3.「これ今日中にできるでしょ。やっといて!」と上司から言われた部下。「はい! わかりました」

 ところが、上司は夕方になってイライラ顔。

上司「まだできないの? 早くしろ。あと一時間しかないぞ」(ったく、ちゃんとやり方まで教えておけばよかった)
部下「はい、急ぎます」(最初にやり方まで確認しておけばよかった……)

 上司は任せて大丈夫だと安心していた。部下もできると思っていた。なのになぜ、こんなことが起きてしまったのか。こういうことではないでしょうか。

→ どうやって資料を作るのか、具体的な「手順」が共有されていなかった。

 こんな例もあります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
10年後、君に仕事はあるのか?

10年後、君に仕事はあるのか?

藤原和博 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年2月

<内容紹介>
人工知能、グローバル化、就活の地殻変動… 約50%の仕事が今後10〜20年でなくなると言われる。 そのような時代を生き抜くためにはどんな力を身につけておくべきなのか? 教育改革実践家の著者が、高校生に語りかけるスタイルで仕事が消滅していく社会で「稼げる大人」になる方法を伝授する。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR


佐々木眞一 [トヨタ自動車株式会社 顧問・技監]

1970年3月 北海道大学工学部機械工学科 卒業
1970年4月 トヨタ自動車工業株式会社(現トヨタ自動車)入社
1990年4月 トヨタ モーター マニュファクチャリング UK 株式会社 品質管理部長
1995年1月 トヨタ自動車株式会社 堤工場 品質管理部部長
2001年6月 取締役就任
2003年6月 常務役員就任
2004年6月 トヨタモーターエンジニアリング・マニュファクチャリングヨーロッパ株式会社 取締役社長
2005年6月 専務取締役就任
2005年10月 トヨタモーターヨーロッパ株式会社 取締役社長
2009年6月 取締役副社長就任
2013年6月 相談役・技監就任
2015年11月 著書『現場からオフィスまで、全社で展開する トヨタの自工程完結』上梓
2016年7月 顧問・技監就任


トヨタの自工程完結 ウェブ版

トヨタが現場からオフィスまで、全社で取り組んでいる「自工程完結」という考え方を現役幹部が紹介。仕事の進め方が変わる!

「トヨタの自工程完結 ウェブ版」

⇒バックナンバー一覧