ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ドラッグストアニュースPick-Up

米国CVSケアマーク
単なる値引きで終わらない
ロイヤリティ・プログラム「エクストラケア」

ドラッグストアニュース
【第23回】 2011年2月7日
著者・コラム紹介バックナンバー

 米国ドラッグストア第2位、CVSケアマークのロイヤリティ・プログラムが、業績に好影響を与えている。同社ではロイヤリティ・プログラムを活用し、とくにフロントエンドでの売上増強の武器としている。実際、仕組みを持たないウォルグリーンとの比較では、過去5年間でウォルグリーンがほぼ横ばいなのに対して、CVSケアマークは着実に売上を伸ばしている。ウォルグリーンが2009年後半から始めたCCR(顧客中心小売)も、このフロントエンド売上増強が目標となっている。

 CVSケアマークのプログラム「エクストラケア」では、まず購買額の2%が「エクストラバックス」と呼ばれるクーポンで四半期ごとにまとめられ、店舗にあるクーポン・ディスペンサー、購買時のレジ、またはオンラインでプリントすることで得ることができる。調剤での支払いに対しては、処方せん2枚で1ポイントが加えられる。

 クーポンは店舗での購入またはオンライン販売での利用、さらに会員になることで週ごとの特別割引も得られる。ただ、これだけなら通常のポイントシステムと同じだが「エクストラケア」ではこれらに加え、特別なエクストラバックスの還元がある。主にメーカー協賛によって行われており、特定商品を購入すると値引き分がエクストラバックスとしてレシートと一緒にプリントされる。

 たとえば、昨年10月のキャンペーンでは「コルゲート・センシティブ」と「エナメルプロテクト」のセット歯磨きを購入すると、店頭価格7.98ドルに対して2ドル分のクーポン「エクストラバックス」がもらえる。この2ドルはそのまま次の購入に使え、コルゲートのサイトに行くと、さらに1ドルのクーポンもあるため、結果、3ドル分のメリットが得られることになる。このクーポンがCVSの店舗への来店動機と買い上げ額の増加に役立っている。対象商品購入時の値引きではなく、次回の購入分に充てることで来店頻度を増やしている。また、買い上げ額の多い常連客には、購買履歴に応じてカスタマイズされたクーポンも発行されている。

 CVSケアマークでは、ほかにも「CVSアドバイザー」という調査プログラムを持っており、会員である生活者からのフィードバックを受ける。オンラインによる調査である同プログラムは、家族構成や所得、購入商品と購買先などをベースにして、商品に対する意識などを詳細に調査している。年数回行われる調査の参加者には、エクストラバックスのクーポンが送られる。これら集められたデータは、品揃えや販促の材料として利用されているのだ。同プログラムは01年2月からスタートしており、導入後のフロントエンド商品の売上を3%増加させる効果があったといい、10年現在で6400万人の会員を持つまでに成長している。

 発行されるエクストラバックスのクーポン利用率は75%と高く、CVSケアマークでは90%まで高める目標を持っている。

 他の特典としては、協賛するNB商品の購入時に無料の商品が提供される「フリー・エクストラ」、メーカーのクーポンの自動値引き、雇用主が提供する医療費補助口座である「フレキシブル・スペンディング・アカウント」(*)を持つ顧客に対しては、OTC購入履歴の管理、また大学の費用積立であるカレッジ・セービングス・アカウントを持つ顧客に対しては、オンライン購買額に対して5%を、その口座に寄付する「ユープロミス」などが用意されている。CVSケアマークでは、これらのプログラムによって、より効果的な販促を行い、医療やリコールなどの情報提供によって、より顧客との密接な関係構築をめざしている。

*健康保険料増加を抑制するため、自己負担額の多い健康保険に入る代わりに、一定額の医療費補助を与えることで、社員がその補助を効率よく使い、全体の医療費を下げようというプログラム。より高い質の医療やサービスを、少しでも低価格で生活者が得られるよう、競争原理を応用している。


「ドラッグストアニュース」2月号 好評発売中!

2011年、ドラッグストアニュースはいよいよ創刊5年目を迎えました。次の5年へ向けた節目の年として編集部一同さらにパワーアップしてまいります。
今年第1号の2月号は、第1特集で、施行1年半が過ぎた改正薬事法の現状および今後の動向予測について、食品スーパーやコンビニエンスストア、GMS、ホームセンターなど業態別にチェックしています。今後の医薬品販売戦略をどのように組み立てていくのか。各社の動向に注目です。第2特集では、ネットでのコスメ市場拡大にあたり、リアル(店舗)とネットとの絶妙なリンケージによってビジネス拡大を図る企業の動きを追います。
中国・上海での最新H&BCや、マツモトキヨシ&ローソンの共同出店2号店リポートなど、今年も使える情報満載でお届けします。
購読のお申し込みはこちらから

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ドラッグストアニュース

ドラッグストアニュースは、拡大するヘルスケア&ビューティケアマーケットに携わるビジネスパーソンに向けた情報誌。最新店舗情報や企業情報、そして今後ますます重要になる、生活者に自店のファンになっていただくための商品カウンセリング、コミュニケーション情報を満載し、薬剤師や登録販売者など、スタッフのスキルアップをサポートしています。成熟社会が訪れたいま、身近で快適なライフスタイルを生活者に提案するスタッフへビジネスのヒントを届けます。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


ドラッグストアニュースPick-Up

業界情報から消費者トレンドまで、ドラッグストアニュース編集部が日々の取材活動を通じて取り上げる選りすぐりの巻頭ニュース。

「ドラッグストアニュースPick-Up」

⇒バックナンバー一覧