ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
QREATORS @Business

スモールビジネスを最先端でかっこいい存在にすれば日本は変わる

佐々木大輔・freee代表インタビュー

QREATORS AGENT
2016年12月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

 会計ソフトのクラウド化や効率化は、広告と違って「あらゆる企業」で必要になるもの。だから、そこをテクノロジー化することができたら、社会全体を一歩前に進めることができる。ボーリングのセンターピンみたいに、すべてを変えていくことができる。まだ誰もやっていなかったし、やる意義もある。じゃあやってみようと思い、freeeの構想をスタートしました。

スモールビジネスから
日本全体を底上げしたい

ささき・だいすけ/1980年東京都生まれ。2002年一橋大学商学部卒。派遣留学生として、ストックホルム経済大学にも在籍。大学在学中からインターネットリサーチ会社でインターン、契約社員としてリサーチ集計システムや新しいマーケティングリサーチ手法の開発を手がける。卒業後は、博報堂、投資アナリストなどを経て、2008年グーグルに参画。日本市場のマーケティング戦略立案や日本、アジア・パシフィック地域の中小企業向けマーケティング統括を担当。2012年freeeを創業 Photo by K.Y.

 日本には数百万の中小企業や個人事業があると言われています。しかしながら、小さな企業であるほど、バックオフィスにかけるコスト比率は高くなります。雑務もあるし、契約もあるし、決算もあるし、申告もある。それは大変な作業です。金沢にある卸売市場では、バックオフィスを中心にビジネスを効率化することで一日のうち三時間ほどを効率化できたという事例もあった。

 例えば大企業を辞め、せっかく起業したのに、バックオフィスの手間で時間を割くのはとてももったいないこと。誰もが情熱を持って挑戦しているはずだから、できるだけ本業である「創造的な活動」に専念してもらいたい。自分がビジネスをやる意味や独立した意味、そういったものを追求する時間をもっと大切にしたい。

 新しいことにチャレンジするのは、小さい起業のほうが圧倒的に有利です。新しい会計ソフトを導入するにしても、大企業だと時間がかかる。セキュリティがどうとか、営業活動的にどうだ、とか、いろんな議論が起こって話が前に進まない。小さな企業であれば、意思決定のプロセスが少ない分、早く動くことができます。

 freeeを使って、日本にあるすべてのビジネスをアップデートしたい。町の八百屋も、小さな下町工場も、もちろんベンチャー企業も、すべての企業のあらゆるバックオフィス業務をサポートしたい。新しいテクノロジーを、日本のスモールビジネスに携わる人たちがいち早く導入していくことで「日本では小さい企業こそ進んでいて、生産性が高く、かっこよく仕事をしている」という実態をつくれるはず。

 日本はまだ大企業が進んでいますし、まだまだ開業率が低い国ですが、日本は「スモールビジネスこそが面白い」という逆転が起これば、チャレンジしやすくなるし、日本全体を底上げすることができる。

国内すべての会社に導入されれば
サービスからインフラになる

 freeeが目指している会計のクラウド化により、単に入力をサポートするだけでなく、企業同士(ユーザー同士)でつながれるようになります。アマゾンで物を買うように、受注・発注金の支払いまでを1クリックでできるようになる。紙の請求書もPDFの請求書も不要になり、すべてがfreee上で完結するようになる。それは画期的なことだし、バックオフィスコストが劇的に下がります。

 また、企業における会計情報をストックしていくことで、AI(人工知能)で経営アドバイスや、与信審査にも生かすことができる。今までは、バラバラに存在していた企業の会計情報。それが集まると企業経営の分析も進んでいき、ビジネスの成功率も高まっていきます。

previous page
2
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


QREATORS @Business

QREATORとは、QuantumLeap×Creatorの造語。起業家、職人、ファッションデザイナー、学者、医師、漁師、作家、芸術家、アスリートなどなど、「QREATOR=ぶっとんだ創造者」たちの生き方、考え方に迫ります。ビジネスパーソンにとって、日々の仕事のヒントとなったり、事業創出の足がかりとなるような、刺激的なインタビューや対談記事を続々お届けします。コンテンツ提供:QREATOR AGENT

「QREATORS @Business」

⇒バックナンバー一覧