ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

クラウド会計サービスの普及が
日本の起業家を後押しする

吉田由紀子
2014年3月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 事業を始めたり副業を行う時に面倒な作業のひとつが「会計」ではないだろうか?

 表計算ソフトで帳簿を自作。市販の会計ソフトを導入。いろいろな方法があるが、どうしても「基本的な会計知識」は必要になる。何かと忙しい起業時に本を片手に会計を勉強し、帳簿作りに時間を取られるのは、経営面でも痛いところだ。

 そんな状況を背景に注目を集めているのが、スモールビジネスに特化したクラウド型の会計サービスである。「freee」はその1つ。会計知識のないビギナーでもすぐに使えるのが特徴だ。

 筆者も使っているが、初めて操作をした時は、その簡単さに驚いた。

 手順はシンプル。まず、アカウントを取得。自分の銀行口座やクレジットカード情報を入力すると、すぐにデータ連携が始まる。口座の出入金、カードの利用明細などを読み取り、勘定科目別に帳簿に記載されていく。システムが明細を分析し、自動的に勘定科目を推測して振り分ける仕組みになっている。

 できあがった帳簿に問題がなければ、あとは登録ボタンを押すだけ。このとき、「自動化」にチェックを入れておくと、次回から同種の取引は自動記帳される。ここまでの作業、アカウント取得から5分もかからない。

 この自動取り込みは、ネットバンキングを導入している金融機関のほとんどに対応している他、交通系ICカードやアマゾンなどとも連携している。

 現金での支払いは手入力になるが、スマートフォンアプリもあるので、空いた時間にサッと入力しておけば、さほど手間はかからない。

 こうした記帳機能だけでなく、見積書・請求書の発行、分析レポートの作成、売掛金の管理など個人事業をサポートする数多くの機能を備えているfreee、そのコンセプトは、徹底した「自動化」「省力化」だ。

クラウド型の会計サービス「freee」では、青色申告のためのプラン(年額9800円)も設定している。日々の記帳と同様に青色申告決算書も自動で作成される
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧