ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
大事なことに集中する
【第3回】 2016年12月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
カル・ニューポート

大手コンサルティング会社でネット接続を
1日禁じたら?
“生産性の代用としての多忙”という問題

1
nextpage

ビジネスパーソンはメール返信を迅速にしなければ、顧客や信用を失ってしまうだろうか?カル・ニューポート著『大事なことに集中する』から、ボストン・コンサルティンググループで実施された「ネット接続を1日禁じる」という試みを紹介する。

メールをすぐ読み、すぐ返信しなければならない
“接続性の文化”

 職場における気を散らせる行動となると、現在誰もがいつでもどこからでも情報ネットワークにアクセスできる“接続性の文化”が支配的で、人は速やかにメールを読み、返信することが求められている。

 ハーバード・ビジネススクール教授、レスリー・パーローによれば、彼女が調査した知的労働者たちは“オフィス以外で”メールをチェックすることに週20時間から25時間ほど費やしており、メールを受け取って1時間以内に返答することが重要だと考えていたという。

 こうした行動はペースの速い多くのビジネスでは必要だと、あなたは言うかもしれない。しかし、次のような興味深い例がある。パーローは、接続性の文化が染みついている大手経営コンサルティング会社、ボストン・コンサルティンググループの経営幹部を説得して、あるチームの業務習慣を吟味させてもらうことにした。

 常時、ネットでつながっていることが本当に仕事に役立っているかをテストしたのだ。そこで、チームの全員に1週間のうちのウィークデーの1日、完全にネット接続を休み、社内外の誰とも連絡を取らないようにさせた。

 「最初、みんな実験に反対しました」と彼女は言う。「責任者は基本的な考えに賛成してくれていたのに、急に苛立ち、1日休みを取ることをクライアントに伝えなければならないと言い出したのです」。コンサルタントたちもあわてた様子で、キャリアが「危うくなる」と心配した。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    カル・ニューポート[Cal Newport, Ph.D.]

    2004年にダートマス大学で学位を、2009年にマサチューセッツ工科大学(MIT)においてコンピュータ・サイエンスでPh.D.を取得。2011年からジョージタウン大学准教授。教鞭をとる傍ら、ブログ「Study Hacks」(http://calnewport.com/blog/)で学業や仕事をうまくこなして生産性をあげ、充実した人生を送るためのアドバイスも行っている。
    著書にHow to Win at Collegeをはじめとする学生向けのハウツー本シリーズや、So Good They Can’t Ignore Youがあり、同書は『インク』誌の「2012 年起業家のためのベストブック」、『グローブ・アンド・メール』紙の「2012年ビジネス書ベスト10 」に選ばれた。学生向けのハウツー本シリーズは、これまでに12万部以上を売り上げ、ハーバード、プリンストン、MIT、ダートマス、デュークといった名門大学に招待されて講演を行っている。


    大事なことに集中する

    SNSやメール返信に気を散らされて、私たちは一つのことに集中して取り組み、深く考える能力が衰えているのではないか? そんな問題意識をもった気鋭のコンピュータ科学者が、人気のブログ「Study Hacks」で「ディープ・ワーク」という言葉で自らの考えを発表したところ、直後に149ものコメントがつくなどたちまち大評判となり、テレビやブログで取り上げられ、『DEEP WORK』というタイトルで書籍化された。本連載ではその日本語版『大事なことに集中する』から一部を抜粋して紹介する。
     

    「大事なことに集中する」

    ⇒バックナンバー一覧