ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
大事なことに集中する
【第4回】 2016年12月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
カル・ニューポート

週4日制労働を成功させたソフトウエア企業の
働き方革命
1日8時間、週4日労働で、週5日制と同じ仕事ができる理由

previous page
3
nextpage

まるまる1ヵ月ディープ・ワークのために
会社を休みにする!

 フライドは、グーグルのような、従業員に20パーセントの時間を自主的なプロジェクトに充てさせる技術系企業に常に関心を寄せていた。その一方で、彼は真の飛躍的進歩を生み出すディープ・ワークのためには週の1日を削るだけでは十分ではないと思った。

 「私なら5日取るね、5週にわたって週に5日間。われわれの理論は、長く連続した時間が取れればよりよい結果が得られるというものなのだ」

 この理論をテストするため、37シグナルズは過激な策を実施した。従業員が自分のプロジェクトに徹底して取り組めるよう“6月まるまる1ヵ月”を休みにしたのだ。この月は、いっさいシャロー・ワークなしだ――状況確認会議なし、メモなし、パワーポイントもなし。月末、会社は従業員が取り組んできたアイデアをプレゼンする「ピッチデー」を開催した。

『インク』誌の記事で、フライドはこの試みを成功だとした。ピッチデーでは、まもなく実現するプロジェクトが2つ生まれた。顧客のサポートをおこなうよりよいツールと、顧客の製品の使用実態を把握するためのデータ視覚化システムだ。

 これらのプロジェクトは相当な価値をもたらすと見込まれるが、従業員に遮るもののないディープ・ワークの時間が与えられなければ、ほぼ間違いなく実現されなかっただろう。

 37シグナルズの試みは、重要な現実を浮き彫りにする。知的労働者の時間と注意力をしだいに支配するようになるシャロー・ワークは、その時に思うほど重要ではない。大半のビジネスで、多くのシャロー・ワークを排除しても、純利益には響かないだろう。

 そして、ジェイソン・フライドが発見したように、シャロー・ワークを排除するだけでなく、回収した時間をより多くのディープ・ワークに充てても、ビジネスに支障はないだろう。「より」うまくいく可能性もある。

 あなたはこのことを自分の仕事にあてはめてみる必要がある。本書『大事なことに集中する』の第7章に挙げる5つの戦略は、スケジュールの中のシャロー・ワークを情け容赦なく見きわめ、最低限まで削減するためのものだ。

previous page
3
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    一流の磨き方

    一流の磨き方

    浜野安宏 著

    定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    「一流」とは、上流でも、中流でも、下流でもない。お金で買える高級品でもない。一流とは「とらわれない力」であり、孤独であり続ける力。膨大な「経験」に裏打ちされて、しっかり底光りするものであり、仕事や遊びの時間と質が、人を本物へと磨き上げるものである。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    カル・ニューポート[Cal Newport, Ph.D.]

    2004年にダートマス大学で学位を、2009年にマサチューセッツ工科大学(MIT)においてコンピュータ・サイエンスでPh.D.を取得。2011年からジョージタウン大学准教授。教鞭をとる傍ら、ブログ「Study Hacks」(http://calnewport.com/blog/)で学業や仕事をうまくこなして生産性をあげ、充実した人生を送るためのアドバイスも行っている。
    著書にHow to Win at Collegeをはじめとする学生向けのハウツー本シリーズや、So Good They Can’t Ignore Youがあり、同書は『インク』誌の「2012 年起業家のためのベストブック」、『グローブ・アンド・メール』紙の「2012年ビジネス書ベスト10 」に選ばれた。学生向けのハウツー本シリーズは、これまでに12万部以上を売り上げ、ハーバード、プリンストン、MIT、ダートマス、デュークといった名門大学に招待されて講演を行っている。


    大事なことに集中する

    SNSやメール返信に気を散らされて、私たちは一つのことに集中して取り組み、深く考える能力が衰えているのではないか? そんな問題意識をもった気鋭のコンピュータ科学者が、人気のブログ「Study Hacks」で「ディープ・ワーク」という言葉で自らの考えを発表したところ、直後に149ものコメントがつくなどたちまち大評判となり、テレビやブログで取り上げられ、『DEEP WORK』というタイトルで書籍化された。本連載ではその日本語版『大事なことに集中する』から一部を抜粋して紹介する。
     

    「大事なことに集中する」

    ⇒バックナンバー一覧