ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
そうか!これが思考を現実化するコツ
【第1回】 2016年12月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
エスター・ヒックス ジェリー・ヒックス,秋川一穂

本当?「引き寄せの法則」を使えば、
未来は思いのままになる!

1
nextpage

今や日本でも広く知られるようになった願望実現に効果のある「引き寄せの法則」の存在。改めてその仕組みを、ベストセラー『引き寄せの法則』シリーズの著者、ヒックス夫妻が伝えます。

 「引き寄せの法則」は、以下の基本原則より成り立っています。

・宇宙の万物は、それぞれ波動を放っている。
・似た波動を放つもの同士が引き合う。

 あなたが抱く思考も、その性質に応じた波動を発しています。
 あらゆる思考は波動を発し、それと一致する波動を引き寄せます。この流れが“引き寄せの法則”です。「似たものは引き寄せ合う」という意味です。

 ラジオのチューニングを例にとりましょう。
 ラジオがFM98.6にセットされていたら、FM101で放送されている音楽を聴くことはできません。そもそもの周波数が違うからです。“引き寄せの法則”も同じです。

 あなたが願望という波動を放ち、それを実現させるには、あなたの波動が常に願望との調和を保つ方法を見つけなければなりません。

あなたが今、何に関心を向けているのかを
正確に知るには?

 あなたが対象に関心を向ければ、波動を放ちます。
 波動を放つことは「求める」ことと同じで、それが引き寄せの作用点となります。

 まだ手に入れていない欲しいものがあるなら、それに関心を向けさえすれば、“引き寄せの法則”によってもたらされます。望む物事や経験について考えることで波動を放ち、“引き寄せの法則”によってその物事や経験が間違いなく訪れるのです。

 しかし、望んでいるのに手に入れていないものがあっても、それがまだ「ない」という現状に関心を向ければ、「ない」状態の波動と一致し続け、望むものが手に入らない状態が続いてしまうことになります。

 望むものと波動を調和させるいちばん簡単な方法は、それがすでに「ある」状態を想像し、それがあなたの経験にすでにあるかのごとく振る舞い、その経験を楽しんでいる状態へと思考を向けることです。
 そのように思考し、そのような思考の波動を絶えず放つようになると、あとは望むものが実現するのを、あなたが許可すればいいだけです!

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



エスター・ヒックス、ジェリー・ヒックス(Esther Hicks, Jerry Hicks)

1986年、エイブラハムと名乗る存在からの言葉を受け取った体験を親しい知人に語り始めると、その言葉が自分たちだけでなく、問題を抱える人々の役に立つと知り、エイブラハムの教えを幸せな人生を送りたいと願う人に届けようと決意した。1989年以降、テキサス州サン・アントニオのカンファレンス・センターを拠点に全米50以上の都市でワークショップを開催し、エイブラハムの「引き寄せの法則」の教えを広めてきた。 2011年、ジェリーは見えない世界に旅立ち、現在、エスターはこの世の友人たちと、見えない世界のエイブラハムとジェリーの助けを借りて、エイブラハムのワークショップを開催し続けている。 著書に、『引き寄せの法則』シリーズ(SBクリエイティブ)がある。

 


そうか!これが思考を現実化するコツ

「引き寄せの法則」をご存知ですか? 簡単に言ってしまえば、「人は、自分が思い描いたとおりのものを手に入れることができる」ということであり、だから「自分の人生は、自分で思い通りにできる」という画期的な法則なのです。エスター・ヒックス、ジェリー・ヒックスは、アメリカだけでなく日本でもベストセラーとなった名著『引き寄せの法則』シリーズの著者であり、国内外問わず、巷にあふれる数多の引き寄せ本に間違いなく大いなる影響を与えた第一人者。そのヒックス夫妻が、「引き寄せなんて信用できない」「引き寄せを試してみたけど効果がなかった」という人たちに、改めてその意義と絶大な効果を説きます!

「そうか!これが思考を現実化するコツ」

⇒バックナンバー一覧