ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
要約の達人 from flier

資格試験に忙しくても受かる人の秘密は「独学力」にあった!

『資格試験に「忙しくても受かる人」と「いつも落ちる人」の勉強法』

flier
【第25回】 2016年12月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
※写真はイメージです

要約者レビュー  

 9割の人は自力で勉強ができない――それが著者の結論だ。だからこそ、多くの人が塾に依存した勉強法をとるようになる。だが、塾をうまく利用できる人は、実際のところ全体でもわずかしかいないという。

 著者は、2016年から対面式の資格指導塾を始めた。ただ、塾といっても「先生が授業をして、生徒が座ってそれを聞く」という従来の形式ではなく、テストや勉強法についての密な個別指導が主な内容だ。受験生にとって本来大事なのは、「塾に通っていない時間にどれだけ密度の高い勉強を継続できるか」であり、「塾で授業を聞いている時間」ではない。「独学力」を身につけることこそ重要だという著者の主張は至極もっともであろう。

 本書『資格試験に「忙しくても受かる人」と「いつも落ちる人」の勉強法』には、難関試験に挑む受験生たちを大勢見てきた著者の考える「受かる人」と「落ちる人」の特徴や共通点が、コンパクトとまとめられている。成功者に共通しているのは、自ら計画を考えて実行する「独学力」の高さだ。本書は、その「独学力」を身につけるためのすぐれた指南書である。

 思考停止で他人の意見に従っていても、結局は自分のためにならない。今日からの自分を変えるカンフル剤として、まずは本書を手にとってみてはいかがだろうか。(石渡 翔)

本書の要点 

・自己肯定感を高めることは、試験勉強においてきわめて重要だ。メンターに激励してもらいながら、他人ではなく過去の自分と向き合っていくべきである。
・試験の難易度が上がれば上がるほど、綿密な計画を立てることが必要不可欠だ。そうすれば、集中していない時間を減らすことができる。
・できるだけ安定したペースで進むことが、ゴールへの近道だ。周囲への配慮を忘れないようにしながら、時間を捻出していこう。
・参考書は1日で読み終えよう。あとはゴールまでの距離を逆算しながら、ひたすら勉強に励むべきだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


要約の達人 from flier

“10分で読める”をキャッチフレーズにする要約サービス。ビジネス書を中心に話題の新作から名著まで、概要をまとめた「要約者レビュー」、「著者情報」、革新性・明瞭性・応用性で採点される「評点」、要点を簡潔に示した「本書の要点」、「要約本文」、「一読のすすめ」という構成で、本の内容を効率的につかむことができる。詳細はこちら http://www.flierinc.com/

「要約の達人 from flier」

⇒バックナンバー一覧