ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

パンダの比力(ビーリー)と仙女(シィエンニュ)に
日本名は不要
――試される日本の国際感覚と日中関係の成熟度

莫 邦富 [作家・ジャーナリスト]
【第41回】 2011年2月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 仕事の関係で東京の上野をよく通る。最近、上野に行くと、どことなくわくわくした街の雰囲気が感じられる。そう、パンダ景気が巻き起こったのだ。動物園やアメ横一帯で「上野にパンダが帰ってきた!」といった表記を目にするたび、パンダの威力に感心せずにはいられない。

 2008年4月にリンリンが死んで以来、東京都立上野動物園は約3年ぶりに、中国から貸与される5歳のパンダのつがいである雄の比力(ビーリー)と雌の仙女(シィエンニュ)を迎えることができた。21日、中国四川省の省都である成都を出発した2頭は、パンダ柄に塗装された全日空機「FLY!パンダ」に乗って、同夜、成田空港に到着し、そのまま上野動物園に移動した。

 上野動物園を運営する東京都側は、パンダのリース料として中国側に1年あたり95万ドル(約7900万円)を契約期間の10年間にわたって支払い、中国側はそれをパンダの自然保護に使うという。

 9000万円をかけてパンダ施設を改修した上野動物園は、もちろんたいへんな力の入れようを見せているが、上野一体でも歓迎ムードが高まっている。店のガラスにパンダの図柄が張られ、街にはパンダの旗が立つ。もちろん、パンダ人気に当て込んだ経済活動もしたたかに繰り広げられている。パンダまんじゅう、パンダランチ、パンダの顔をかたどった伊達巻きから各種のパンダグッズまで、パンダにちなんだ様々な商品が販売されている。

 パンダがもたらす経済効果はてきめんに表れている。メディアの報道によれば、到着した翌日の22日に、上野動物園には普段の平日の2倍近い約6000人の客が来園したそうだ。人寄せパンダという評判はやはり本物だ。

 さらに、パンダの経済効果は200億円と見る予測も出てきた。その内訳は、動物園への入場者100万人増で6億円、入場者の食事代20億円、お土産代36億円、宿泊費96億円、交通費40億円の計200億円という計算だそうだ。

 分かりやすく言えば、飼育関連の諸経費を除いて、年間約7900万円の投資で250倍の経済効果が得られる。200億円の経済効果が出るとすれば、それは雇用にも恩恵を及ぼすだろう。これほど経済効果がはっきりと出てくる話は最近ではめったにないだろう。上野周辺の人々の興奮した気持ちはわかる。

 しかし、パンダ人気は逆にいろいろな問題点もあぶり出した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

莫邦富(モー・バンフ) [作家・ジャーナリスト]

1953年、上海市生まれ。85年に来日。『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーに。そのほかにも『日中はなぜわかり合えないのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』、『鯛と羊』など著書多数。


莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

地方都市の勃興、ものづくりの精度向上、環境や社会貢献への関心の高まり…中国は今大きく変わりつつある。先入観を引きずったままだと、日本企業はどんどん中国市場から脱落しかねない。色眼鏡を外し、中国ビジネスの変化に改めて目を凝らす必要がある。道案内人は日中を行き来する中国人作家・ジャーナリストの莫邦富氏。日本ではあまり報道されない「今は小さくとも大きな潮流となりうる」新発見を毎週お届けしよう。

「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」

⇒バックナンバー一覧