ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

残業を減らしたければ部下の「頑張る姿」を評価するな

安藤広大 [識学代表取締役社長]
2017年1月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

長時間労働や残業は、なかなか減らない。その原因として「頑張っている姿」を見せる文化や「残業代が貴重な収入源」という問題もあるが、上司の何気ない言動が部下の頭の中の「優先順位」を崩壊させ、無駄な労働時間を増やしている。(株式会社識学代表取締役社長、組織コンサルタント 安藤広大)

長時間労働の根源は
「頑張っている姿」の評価

 長時間労働の要因は、会社側が要求する業務が、個人のキャパシティをはるかに超えているという場合も多いでしょう。その場合の対策は、人員体制、業務の見直ししか方法はありません。

 しかし、長時間労働の要因は、これだけではありません。つまり、長時間労働をなくせる方法は「他にも方法がある」ということです。

 長時間労働の根源の一つは、「頑張っている姿」を評価するという文化です。成果ではなく、「いかに頑張っているか」「積極的に取り組んでいるか」というプロセスが「評価のウエイト」の多くを占めることが要因です。

 「長く働いている」→「頑張っている」→「評価が上がる」ということになるために、むしろ、長時間労働することが、「良いこと」とされている企業が多いというのが現実でしょう。

 そして、もう一つの要因は多くの企業で「時間に対して給料が支払われている」という現実です。これは、現在の日本の法律ではどうする事もできないことですが、このことも間違いなく、長時間労働を助長している要因です。

 長時間労働すれば「評価が上がり」、残業代で「給料も増える」。これでは、逆に長時間労働をしない理由が見つかりません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

安藤広大 [識学代表取締役社長]

あんどう・こうだい/1979年、大阪生まれ。
2002年に早稲田大学を卒業し、株式会社NTTドコモ入社。2006年、ライク株式会社入社。
主要子会社のライクスタッフィング株式会社にて取締役営業副本部長などを歴任。
2013年、「識学」と出会い独立。2015年、株式会社識学を設立。

 


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧