ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
モテるメール術
【第18回】 2017年1月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
白鳥マキ

多くの人が知らず知らずに送っている「だから何?」メール

皆さんも日頃、LINEやFacebook、メールなどを通じてコミュニケーションをとっていると思いますが、「だから何?」と回答に困るメッセージを受けたことはありませんか?本人に悪気のないのはわかっていても、返信に困ります。皆さんもしらずしらずにやっているかもしれません。『モテるメール術』から、意外にやってしまいがちなメールの改善方法を紹介します。

伝え方によって明暗を分ける質問の仕方とは?

 思ったことをそのままメールで書いてしまうこと、ありませんか?でも、安易なつぶやきメールは自分の首をしめかねません。メールをもらった方がどんな気持ちになるか、ここで見てみましょう。

「今日も寒いね」
「満員電車、大変だよ」
「給料前は金欠でキツいよ」
「最近、うちのワンちゃん調子が悪いの」

 まだ好意がわいていない段階で、異性からこんなメールが来たとしても、「だから何?」と思うのが正直な反応です。

メールは独り言ではありません。相手がいるから成立するものです。

 返事に困るようなメールばかり送っていては、この人は「危険人物」というレッテルが貼られてしまうおそれがあります。

 「仲良くなりたい」と接触回数を増やすためにメールをしているはずが、かえって敬遠される結果を招いたのでは本末転倒です。相手に「だから何?」「答えにくいな」と感じさせるメールになっていないか、送信前に読み返してくださいね。

相手にメリットがあるようにアピールすれば
返信率はグンと上がる!

 相手に質問した後に、驚異的に返信をもらえる秘策を教えます。本書では、質問するときには、自分の意見を入れてとお伝えしていますが、さらに確度が高くなる方法です。

 方法は、メールの文中に、「相手にとってのメリット」と「質問の意図のダメ押し」を入れるだけです。

 これを「メリット質問法」と言います。女性は現金な点があります。質問に答えれば、自分が好きそうなおいしいものを食べられそうだとか、ご馳走してもらえそうな雰囲気をメールから読み取れれば、返信率は驚異的に上がります。やり方ですが、

「自分が知りたいことをいきなり質問しない」
「なぜこの質問をするのか理由を入れる」
「この質問に答えると相手にとってどんなメリットがあるかを伝える」

 以上3点です。

 具体的には、こうです。

×「花火大会行かない?」
〇「友だちのマンションのベランダから花火大会が見られるんだって。今度グループで集まるんだけど、一緒に行かない?」

「理由」と受け入れたときの「メリット」がハッキリ伝わると、女性が変に警戒することなく返事をすることができます。事前に入れられる情報を伝えれば、信頼感はさらに増します。

 同じように、
「コンサート行かない?」
 よりも、
「完売のコンサートのチケットをもらったんだ、一緒に行かない?」
 のほうがベター。

 相手の返事が「いいね!」だった場合は、さらに「メリット質問法」でダメ押し!

「映画の後に、〇〇ちゃんが前に話してくれたスイーツを食べに行こうよ?」
と、さらに誘いかけます。

 相手の態度があいまいだった場合には、相手が望む方向に微調整していけば、OKに近づけます。「メリット+質問」を繰り返して、相手からYESを勝ち取るまで粘り強く交渉しましょう。

 ちなみに、相手の喜びそうなことを先にリサーチしておくと、成功確率はアップします。親しくなるまで跳び越えなければならないハードルは多いですが、頑張りましょう!

ワンポイント・レッスン

「だから何?」と感じさせるメールはやめて、
メリットと質問の意図をたっぷり入れて聞いてみよう!

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

Shin 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
たった1年で、ド落ちこぼれを外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで成長させた超実践的成長ノウハウ! 「指摘のドラフトメール一元化」「最強のTodoリスト」……などコピー取りすらろくにできなかった20代の若手コンサルタントが、自分を変えるために必死で考えたオリジナルの7つの仕事術を紹介。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/16~7/22)



白鳥マキ

幼少期より病弱で入退院を繰り返し、子どもの頃に読んだ本は3000冊超。薬の副作用で小学6年生のときに体重70キロに。モテないなりに恋愛に勤しむが、「マキは会っているときよりも日記のほうがかわいいね」のひと言で一念発起、23キロのダイエットに成功し、コンプレックスを克服する。 20歳の頃、大阪でミス着物、全国でミス着物の女王の入賞を果たしたり、大阪で福娘に選ばれたりするなか、人を惹きつけるスピーチを習得し、大勢のなかから選ばれる極意を学ぶ。
松下電器産業株式会社(現・パナソニック株式会社)に入社し、主にクレーム対応を担当。お客様のフォローをするうちに、連絡するタイミングや相手を落とす文章術を磨く。その後、大手化粧品メーカーに転職、全国トップ10セールスに入り、全国ミリオンセールス大賞を受賞する。
エステ業界で26年のキャリアを積み、全国13店舗の経営、コンサルティングに携わる。サロン業務では、お客様心理を教え、トップカウンセラーを育てる。
サロンでの恋愛相談が増えていき、東京・大阪・名古屋にて、Change Me 結婚相談所を開設。1年以内に90%が成婚につながるオリジナルのメール術で一躍人気に。婚活、恋愛のカウンセリングの数は1万2000人を超え、カウンセリング予約は半年待ち。歯に衣着せぬズバッとした語りが好評を博し、全国で婚活セミナーを開催、受講者数は3000人を超える。
結婚評論家として、日本テレビ「今夜くらべてみました」や関西テレビ「よ~いドン!」、雑誌「美ST」ほか、ラジオ、新聞など多数のメディアに出演。


モテるメール術

メールの優位性が高まった今、書き方を変えるだけで、誰でもモテることが可能に! 「見た目」よりも異性の心をつかむ方法があります。男女ではメールの受け止め方の違いが大きいというメールの基本から応用に至るまで、新刊『モテるメール術』より、今日から使えて明日には結果が出る(モテる)メールテクニックを紹介していきます。

「モテるメール術」

⇒バックナンバー一覧