ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
会話がはずむ雑談力
【第3回】 2017年1月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
齋藤孝

たった3ステップで、会話がはずむ雑談ができる

1
nextpage

たった3ステップで完成する雑談の基本型とは。ダラダラ話すのも、あいさつだけで終わるのも雑談ではない。相手との気持ちのいい空気を作るための基本を押さえておこう。

たった3ステップで会話がはずむ雑談ができる! Photo:milatas-Fotolia.com

たった3ステップで完成!雑談の超・基本型

 武道や武術ではまず「基本の型」をしっかりと覚え、それを応用・発展させることで、より多彩な技を身につけていきます。

 雑談にも「まず覚えておくべき基本型」があります。
 まずは基本型を押さえましょう。

 雑談の基本は、次の3ステップです。

<雑談力が上がる10秒雑談・基本ステップ>

 ステップ1 声をかける → ステップ2 話す → ステップ3 別れる

 突き詰めれば、雑談というのはすべて、この3つのステップで構成されています。この3ステップが、余分なものをそぎ落とし、必要最小限の要素だけを残した雑談の「基本型」なのです。

 お気づきだと思いますが、「10秒間、同じ話題でそのまま話し続けるのではない」のがポイント。ステップを踏んで、言葉を交わし、最後は別れる。別れのひと言を告げることで、雑談は完成します。

 相手に気をつかったり、互いにストレスを感じながらもダラダラと続く、中身のない会話は、この本でいうところの雑談ではありません。それは単なるムダ話。
 相手へのちょっとした心づかい、一瞬の場づくり雰囲気づくり、緊張した空気を動かしてほぐす、といった明確な意志を持って交わされ、さっと終わらせることができる。これこそが、10秒雑談の極意です。
 こうした雑談力のある人こそ、真にコミュニケーション能力が高い人なのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    一流の磨き方

    一流の磨き方

    浜野安宏 著

    定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    「一流」とは、上流でも、中流でも、下流でもない。お金で買える高級品でもない。一流とは「とらわれない力」であり、孤独であり続ける力。膨大な「経験」に裏打ちされて、しっかり底光りするものであり、仕事や遊びの時間と質が、人を本物へと磨き上げるものである。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)




    会話がはずむ雑談力

    商談、接客、面接、インターンシップ等、あらゆる場面で必要とされるスキルが「会話力」。なかでも、何気ない会話のキャッチボールである「雑談力」は、コミュニケーションスキルの1つとして重要視されている。この連載では、口下手な人や「中身のない会話」が苦手な人でも、誰とでもうまく話せるコツを紹介していく。

    「会話がはずむ雑談力」

    ⇒バックナンバー一覧