ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
会話がはずむ雑談力
【第1回】 2017年1月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
齋藤孝

ビジネスになぜ雑談力が必要なのか

1
nextpage

情報伝達や目的のはっきりした会話はできるけれど、意味のない話をするのは苦手という人は多い。そもそも雑談のもつ意味とは、なぜ今、雑談力が求められているのか。

企業研修のカリキュラムにも組み込まれている「雑談力」とは、どういう能力のことを指すのだろうか? Photo:milatas-Fotolia.com

何気ない会話こそ難しい

 最近では、ビジネススキルの1つとして「雑談力」に注目が集まっています。企業研修のカリキュラムにも組み込まれているほど。一見何気ない会話の思える雑談ですが、案外苦手意識を持つ人も多いようです。

「あら、○○さん」
「ああ、どうも」
「……」
――信号待ちの交差点でご近所さんに会っても、話ができず間が持たない。

「もうすぐ上司が参りますので、しばらくお待ちください」
「わかりました」
「……」
――取引先で商談をするとき、本題以外の話ができない。

「はじめまして。新しく御社の担当になった○○です。よろしくお願いします」
「こちらこそ、よろしくお願いします」
「……」
――初対面の人と名刺交換しても、その後の話が続かない。

 ああ、話し上手になれたらいいな――でも、口下手だから。
 ああ、誰とでも気軽に雑談できたらいいな――でも、トーク術がないから。
 ああ、気のきいた返しができるといいな――でも、コミュ力がないから。

 こんな風に考える人は少なくありません。
 でもそれは考え違いです。

 雑談の本質は、相手との距離を縮め、その場の空気を和らげることにあります。ペラペラと饒舌に胸中を披歴することではありません。話の上手下手、トーク術の有無はまったく関係ないのです。

 黙っていることで、自分も、そして自分と同じように相手も感じているだろう「気づまり感」や「気まずさ」「居心地の悪さ」を解消できればそれでOK。
 ちょっとした法則やルールを知り、簡単なテクニックさえ身につければ、本当は雑談なんて誰にでもできます。
 いつも沈黙になってしまう、雑談はどうも苦手という人は、雑談ができないのではなく、まだそのやり方を知らないだけなのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
王道経営

王道経営

新 将命 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,600円+税

<内容紹介>
ジョンソン&ジョンソンはじめ名門外資系トップを歴任した著者が、その40年以上にわたる経験から得た「王道経営」の理念と実践を語りつくす集大成。どんな名門企業も王道を外れては存続しえない。起業したばかりのベンチャーのトップから大企業の経営者まで、すべての経営者が読むべきバイブル!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)




会話がはずむ雑談力

商談、接客、面接、インターンシップ等、あらゆる場面で必要とされるスキルが「会話力」。なかでも、何気ない会話のキャッチボールである「雑談力」は、コミュニケーションスキルの1つとして重要視されている。この連載では、口下手な人や「中身のない会話」が苦手な人でも、誰とでもうまく話せるコツを紹介していく。

「会話がはずむ雑談力」

⇒バックナンバー一覧