ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マツダ代表取締役社長兼CEO 小飼雅道

マツダはなぜ「地域に根ざしたものづくり」にこだわるのか

小飼雅道 [マツダ代表取締役社長兼CEO]
2017年1月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Akinori Shimono

広島に生まれたマツダの挑戦の歴史

 広島県府中町のマツダ本社に併設されている「マツダミュージアム」では、「Mazda Heritage~広島に育まれた、今に続くマツダの挑戦の歴史」というムービーを流している。

 このムービーで伝えているのは、マツダが生まれた広島の風土、創業者の思いと戦後復興時での働き、今日に至るまでのチャレンジ精神の源とその歴史などである。いわば、マツダが受け継いでいくべき“遺産(ヘリテージ)”であり、“志”だ。

 広島県は、1885年のハワイへの第1回官約移民から始まり、戦前戦後を通じて10万人以上もの海外移住者を輩出した日本一の移民県だった(JICA横浜海外移住資料館調べ)。彼ら先人たちは、見知らぬ土地でゼロから新たな挑戦に取り組んだ。それが今のマツダのチャレンジ精神の原点であり、「工業で世界に貢献する」という思いにつながっている。

 また、近代まで日本の鉄の半分以上が広島県をはじめとする中国地方の“たたら製鉄”という技術で作られていた。そういう土地柄だったからこそ、広島にヤスリや針などの手工業が生まれ、それらが造船業、自動車産業などのものづくりの集積地をかたちづくる礎となった。

 そして1945年8月6日。広島に原爆が投下されたその日は、奇しくもマツダの創業者・松田重次郎の70歳の誕生日だった。原爆によってマツダの前身である東洋工業も多大な被害を受け、多くの従業員やその家族を失うことになった。しかし、その4カ月後、東洋工業は当時の主力製品である「三輪トラック」の生産を再開し、焼け野原となった広島市の復興に一役買った。

 ムービーでは、そんなマツダの歴史、広島という土地との関わり、ものづくりのDNAがどこから来たのかを紹介している。YouTubeでも公開しているので、ご興味があったら是非見ていただきたい(https://www.youtube.com/watch?v=Rh67aKRcgcs)。マツダが常に抱いている、地元である広島に育てられたという思いの強さ、地域に根ざし、地域に貢献するということへの強いこだわりを理解していただけると思う。

 このムービーは2013年7月に、社内及び、海外のディーラーのトップの皆さんに向けて作ったものだった。マツダという会社を理解してもらうには、商品だけをただただ紹介するだけでは深みが足りない。そのメーカーの伝統とは何なのか、どういう歴史を持ち、いかなる性格の会社なのかを、社員や販売店の皆さんの理解を通じてお客さまにも投資家の皆さんにも知ってもらいたい。それによって、われわれのものづくりに対する信頼が育まれると考えて制作したのである。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小飼雅道 [マツダ代表取締役社長兼CEO]

昭和29年8月生まれ。昭和52年マツダ入社、平成10年車両技術部長、15年技術本部副本部長、16年執行役員防府工場長、20年常務執行役員生産・物流担当補佐、コスト革新担当補佐、技術本部長、22年専務執行役員生産・物流・ITソリューション担当、コスト革新担当補佐、研究開発担当補佐、23年取締役専務執行役員生産・購買統括、物流・ITソリューション担当、モノ造り推進担当補佐、25年代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)。

 


マツダ代表取締役社長兼CEO 小飼雅道

広島で生まれ今も広島に本社を構えるマツダ。1990年代に経営危機に陥り、米フォード・モーターの傘下で大リストラを経験し、リーマンショックで再び業績は悪化するなど紆余曲折を経ながらも「マツダ車でなければダメなんだ」という熱烈なファンを持つ自動車メーカーだ。そのマツダを率いる小飼社長は長く生産畑を歩んだ生粋の技術屋であり、モノ造りへのこだわりも強い経営者。小飼社長がグローバルの激しい競争にさらされる自動車という市場でいかに経営の舵取りを行なうか、経営戦略・経営哲学を語る。

「マツダ代表取締役社長兼CEO 小飼雅道」

⇒バックナンバー一覧