ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界のビジネスマンはいま、何を読んでいるのか?
【第5回】 2017年1月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
大原ケイ

本を読まないトランプの「ポスト真実」時代到来で今年のビジネス書はこうなる?
INDIVISIBLE「団結する力」はネット時代の行動マニフェストになれるか?

1
nextpage

ニューヨークと東京を往復し、世界中の書籍コンテンツに精通するリテラリーエージェント大原ケイが、トップエリートたちにいま、読まれている話題の最新ビジネス書を紹介する好評連載。第5回目は、トランプ就任とビジネス書業界への影響について。

ニューヨークにはトランプ関係本はほとんど並んでいない

 アメリカではドナルド・トランプの大統領就任式が1月20日に行われた。

 この先、具体的にアメリカの内政がどのように変わり、それが日本にどのような影響を及ぼすのか、おそらく誰にもわからない。ここニューヨークの書店には、トランプ関係の本はほとんど並んでいない。流通システムの違いもあってアメリカでは「即席本」が作れないせいもあるのだが、なぜか日本の書店の方が「トランプ時代はこうなる!」と断言した本や雑誌が所狭しと並んでいる。

 若い頃からビジネス書の類でさえ、一切本を読まないとされる大統領が誕生した国で、みんなこれからどんな本を読みたいと願うものなのだろうか?

 一方で「ホワイトハウスを去ったら、何をするつもりか?」と聞かれたオバマ大統領は、「まずは家族とゆっくり過ごすのが望みだが、そのうち本を書きたい」と答えている。思慮深く、スピーチが上手いと定評のあったオバマ大統領だが、彼は弁護士の資格を持ち、憲法解釈の専門家でもある。

 そのバラク・オバマが最初に書いた本、1985年の『Dreams from My Father(邦題『マイ・ドリーム』ダイヤモンド社)』をアメリカで上梓したのはタイムズ社で、その後も2008年の大統領候補として『Audacity of Hope(邦題『合衆国再生』ダイヤモンド社)』を書き、その印税が大統領としての給料以外の唯一の収入となっていた。自伝すらもゴーストライターに書かせた新大統領と対照的だ。いずれオバマの新作が発表されるだろう。

 フェイクニュースがまかり通り、外国のリーダーとの癒着が当たり前の「ポスト真実」の時代を迎えて、アメリカのビジネスリーダーやリベラルな人たちが気づいたのは、今までSNSで「シェア」してきたニュースや意見は、仲間内の“エコー・チェンバー”になっていただけで、自分たちが知らない田舎で失業しているアメリカの人たちとは何も共通点がなく、対話もできていなかったということだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
チームの生産性をあげる。

チームの生産性をあげる。

沢渡あまね 著

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
どんな職場でも働き方は変えられる!人気の業務改善士が教える、仕事の進め方を変えて、アウトプットを最大化する8ステップ。日本マイクロソフト、ヤフー、日本旅行、ナムコ、NTTデータ、大阪王将、ジヤトコ…他、企業事例多数!「働き方改革」実践書の決定版!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、7/2~7/8)



大原ケイ
「講談社アメリカ、ランダムハウス講談社などの出版社に勤務、日英両語でベストセラーをウォッチしてきたバイリンガル。2007年にリテラリー・エージェントとして独立。日本の著書を海外の出版社に売り込む傍ら、編集者たちから直々に「これから出る話題のタイトル」の話を聞くのを楽しみとしている。」


世界のビジネスマンはいま、何を読んでいるのか?

「これがいま、世界で売れている話題のビジネス書だ!」
世界中の書籍コンテンツに精通するリテラシーエージェント大原ケイが
トップエリートたちにいま、読まれている話題の最新ビジネス書情報をNYからお届けします。
 

「世界のビジネスマンはいま、何を読んでいるのか?」

⇒バックナンバー一覧