ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

震災復興に向けた経済運営を考える

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第131回】 2011年3月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 最初に、今回の東北関東大地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた多くの皆様に心からの哀悼の意を表します。

 多くの被災者の方々が避難所で厳しい生活を強いられ、かつ福島第一原発で最悪の事態が起きないよう関係者の方々が連日命がけで奮闘されている中で、若干不謹慎であるとは思いますが、それらが一段落した段階での経済運営について考えてみたいと思います。

国民の不安心理

 もちろん、経済運営で最優先すべきは被災地域に対する復興支援です。被害を受けた東北・関東地方の方々の人命と生活が何よりも優先されることは当然です。

 しかし、それに加えて政府は、日本全体の経済運営も考えて行かなくてはなりません。その際、今後は二つの制約要因が存在することを強く意識しなくてはならないと思います。

 一つは、国民の不安心理です。そうでなくとも過去15年にわたってデフレが継続した結果、消費者や企業の将来期待はかなり低くなっていました。来年が今年より良くなると思えないから、消費も投資も弱いままなのです。

 そこに今回の大震災が起き、加えて東日本は原発のリスクや計画停電による混乱に直面していることを考えると、消費者や企業の心理はいっそう弱気になっているはずです。

 そうした不安心理の高まりを反映して、全国で様々なイベントがキャンセルになっているのみならず、今週は多くの企業がオフィスを閉じ、東京の中心部では人通りがすごく少なくなっています。東京のスーパーやコンビニでも買い溜めが起きて、ミネラルウォーターや乾電池、パンやお米などが品薄になっています。

 こうした消費者や企業の不安心理が長く続くと、経済にも当然悪影響が生じます。従って、その改善が不可欠であり、そのためには、福島第一原発の安全性が確保されることが最優先であることは間違いありません。

 しかし、逆に言えばそれだけでは不十分ではないでしょうか。国民の予想を良い意味で裏切るほどの決意で、政府が被災地の復興とデフレの解消に全力で取り組むことが必要なのです。そのためには、大規模な財政出動と大胆な金融緩和が不可欠ではないでしょうか。

次のページ>> 電力の供給制約
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧