ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

未曾有の被害を生んだ震災は、
未曾有の「支援の輪」も生んだ!
「自分に何ができるか?」を考え行動した日本人

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第40回】 2011年3月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 はじめに、東日本大地震を被災した皆様、ご親族様に謹んでお見舞い申し上げます。被災地にご友人、知己がある方のご心痛、お察しいたします。また、被災者救援に尽力されている自衛隊、消防、警察など救済活動関係者の皆さま、および東京電力はじめ福島第一原子力発電所の事故処理にあたっておられる皆さまに敬意を表します。

 さて、未曾有の被害を出した東日本大震災はまた、未曾有の「支援の輪」も生み出している。今回は、どれほど多くの日本人が、「自分たちに何ができるのか?」を考え、行動したのかをまとめ、その意味を考えてみる。

1週間で72万人から12億円!
ケタ違いの寄付を集めたYahoo! JAPAN

 まず、今回の支援の気運で特筆すべきは、寄付のスピードと規模である。昨年の1月に発生したハイチ大地震の時も、第13回記事で、ツイッターなどのソーシャル・メディアの力で「スピードと規模はケタ違い」と書いたが、今回はさらにケタ違いの寄付が集まっている。

 「Yahoo! JAPAN」では、地震直後の11日夜から「緊急災害基金」への募金を開始。翌12日までの1日強で約1億円の寄付が集まった。その後も勢いは加速し、13日までで合計約5億円。18日金曜日14時の時点で、約72万人から、約12億円の寄付が寄せられている。

 Yahoo! JAPANが運営する「Yahoo!ボランティア」は日本最大級の寄付サイトでもあるが、過去最高の寄付額は宮崎県の口蹄疫被害に対する寄付で、約9万人から3833万円が寄せられたという。

 数字はウソをつかない。この寄付者数、寄付額の違いが、いまの日本人の支援に向かう気持ちの大きさである。と同時に、これはファンドレイジングのあり方に対しても、多くの示唆を含んでいる。

 これだけ多くの寄付が集まったのは、支援の気持ちと同時に「見えやすさ」というものもあっただろう。Yahoo! JAPANは震災後いち早くそのトップページに「被災地支援のための緊急災害募金」と表示。日本最大級のアクセスを誇るそのトップページから、多くの人を寄付ページに誘導した。また、NHKが13日日曜日の昼のニュースでYahoo! JAPANの災害基金のことを報じたことも、大きな効果をもたらしたと思われる。

「適切な支援をしたい」
高まる市民のリテラシー

 今回の震災では、「寄付をしたいけど、どこに寄付すればいいか分からない」という人も多かった。筆者のところにも、知人、友人から適切な寄付先を教えてほしいという質問が多数寄せられた。これは、多くの日本人が単に寄付をしたいと考えているだけでなく、適切な寄付をしたいと考えていることの証左である。寄付に対するリテラシーは確実にあがっているのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧