ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

未曾有の難局に挑む
リーダーたちの言葉は
どうして心に響かないのか

原 英次郎 [週刊ダイヤモンド論説委員]
2011年3月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 一つの街を丸ごと飲み込む巨大な津波、肉親の姿を求めて避難所を捜し歩く被災者の姿、そして愛する人との再会に号泣する人々、どの映像を見ても思わず目頭が熱くなる。美しい海岸線を誇っていた街が、余りにも無残な姿になっているのをみれば、胸がぎゅーっと詰まる。

 その一方で、東電福島第1原発事故の行方を、すべての日本国民が固唾を呑んで見つめている。

 われわれは、被災者の本当の悲しみや苦しまでは理解できないとしても、彼、彼女らに強い共感を覚える。この相手の気持ちを思いやれる能力こそ、人間の持つ素晴らしさであり、日本人は他者に対するを思いやりの気持ちが強い。だからこそ、いまわれわれ日本人は、多くの被災者のために、何かしたいという気持ちにかられている。

 翻って、政治家をはじめとする指導者たちは、果たして、その気持に応えているだろうか。共感を力に変えるには、まずリーダーたちが何よりも「常識」を持って考え、行動し、国民が本当に知りたい情報を伝えることによって、信頼を勝ち得ることが大前提となるが、それに成功しているとは言いがたい。

なぜ当初から最悪の事態を
想定した対策ができないのか

 最大の問題はなんと言っても、福島第1原発事故への対応である。冷却装置が機能していないという第1報がもたらされたときから、少しでも原発の知識がある人なら、最悪の場合は原発が大きな被害を受け、大量の放射性物質が、外部にばら撒かれてしまうのではないかと思ったはずである。

 当事者である東電が、もっとも事態を掌握していたはずだ。危機管理は最悪の事態を想定して動けといわれる。結果論ではなく、政府・東電はそのように動いたとは評価できない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

原 英次郎 [週刊ダイヤモンド論説委員]

1956年生まれ、佐賀県出身。慶應義塾大学経済学部卒。
1981年東洋経済新報社に入社。金融、証券、エレクトロニクスなどを担当。
1995年『月刊金融ビジネス』、2003年4月『東洋経済オンライン』、
2004年4月『会社四季報』、2005年4月『週刊東洋経済』の各編集長などを経て、2006年同社を退社。
2010年3月ダイヤモンド・オンライン客員論説委員、2011年10月編集長、2015年1月より現職。
主な著書に『銀行が変わる?!』(こう書房)、『素人のための決算書読解術』(東洋経済新報社)。

DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧