ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

緊急提言!
我々が取るべき行動の拠り所となる8つの指標
危機的事態に直面する今、
組織・個人の誠実性を示せ!
――ACEコンサルティング代表 小川真人

小川真人 [ACEコンサルティング株式会社 代表],白井邦芳 [ACEコンサルティング株式会社 エグゼクティブ・アドバイザー]
2011年3月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

東日本大震災は未だ続いている。危機的状況下で我々はどう行動すべきなのか。連載「社長!事件です」の執筆者で、危機管理の専門家であるACEコンサルティングの小川真人代表が、行動の拠り所となる指標を示す。

 現在、日本は危機的状況に瀕している。東北関東大地震がその最初の原因であるが、その大地震後の状況に対して的確に対応できないことも、その大きな原因である。

危機状況下の行動こそ
組織・個人の真の姿を現す

 大地震は突発的事象であり、天災である。東北関東大地震により自然の脅威を再認識させられる一方、これは制御不能ではないかとの諦めもある。しかし、その後の対応の悪さにより誘発される危機的状況は、回避可能な部分もあったはずで、ある意味人災である。

 つい先日、世界第2位の地位を中国に抜かれたとはいえ、世界有数の経済大国になった日本。世界で一番安全な国であるに違いないと信じてきた日本。しかし、この1週間、我々が目の当たりにしてきた光景、伝えられる報道は、そのような日本の自負をあざ笑うかのように、悲惨な現実を映し出している。

 福島原発に関して場当たり的な対応を繰り返し、その状況変化に一喜一憂するだけで、結果として状況悪化を防ぐことができない日本。世界でも有数なレベルにまで豊かになったはずなのに、被災地において現実に生じている物不足・燃料不足に対応できない日本。首都圏で電力不足を突然告げられ、右往左往する日本。どれ一つをとっても、日本の底力のなさを反映し、人々を悲しくさせるばかりである。

 この日本とは、誰のことであろうか?政府なのか?地方公共団体なのか?特定企業なのか?いや、組織一つ一つ、我々一人一人が、実は、「日本」そのものなのである。だからこそ、組織ならびに個人は、この危機的状況に際して、日本の代表として、国を、国民を、そして、我が国とどこかでつながっている世界中の人々をも救う気概をもって、誠実性を具体的な行動を通して示すべき時なのである。

 このような危機的状況下でそれぞれの組織・個人がとった行動は、その組織・個人の真の姿を表すものである。数百万の美辞麗句よりも、実際にとられた1つの献身的な行動が、組織・個人の誠実性を示す指標なのである。マスコミを含めた社会全体が、この緊急時において各組織・個人がとった行動を正しく認識し、その後の組織・個人の評価に反映させることも、重要であると考える。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小川真人(おがわまひと) [ACEコンサルティング株式会社 代表]

公認会計士、公認不正検査士、日本法科学技術学会正会員。慶応義塾大学商学部卒業後、1986年、ピートマーウィックミッチェル会計士事務所(現在のKPMGあずさ監査法人)に入所し、会計監査・リスクマネージメント業務に幅広く従事。2003年より2008年まで、(株)KPMG FASにて日本における不正調査サービスの責任者(パートナー)として、不正会計調査、経営者不正調査、従業員不正調査、個人情報流出事件調査など、多様な不正調査やリスクマネージメント業務を提供。2008年4月より、ACEコンサルティングを設立して独立。

白井邦芳(しらい くによし) [ACEコンサルティング株式会社 エグゼクティブ・アドバイザー]

AIU保険会社及びAIGグループ在籍時に数度の米国研修・滞在を経て、企業の危機・不祥事・再生に関するコンサルティングに多数関わる。2350事例にのぼる着手案件数は業界屈指。2009年から現職。リスクマネジメント協会評議員、日本法科学技術学会正会員、経営戦略研究所外部専門委員、著書に「ケーススタディ 企業の危機管理コンサルティング」(中央経済社)等がある。


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧