ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スピード経理で会社が儲かる
【第11回】 2017年2月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
前田康二郎

優秀な“経理社員”ほど、替えがきかない!
安易なリストラをすると?

「経理社員をリストラして外注すれば、コストカットできる」。経営者の皆さま、こう考えたことはありませんか?

しかし経理こそ、クリエイティブな素養が必要であり、もっとお金をかけるべき部署なのです。

経理のプロフェッショナルであり、最新刊『スピード経理で会社が儲かる』の著者、前田氏がその詳細を語ります。

「経理」にどんなイメージを持っていますか?

 「フリーランスの経理」という肩書で仕事をしていると、「常駐でお願いしたい」とよく言われます。私は、「5日分の仕事を2日か3日でやれるようにしますから、それではダメですか」と言っても、やはりダメなのです。そのため、やりたかった仕事もいくつかお断りしてきました。

前田康二郎(まえだこうじろう)
1973年生まれ。学習院大学経済学部卒。
レコード会社など数社の民間企業で経理・総務業務を行い、大手PR会社では経理部長としてIPOを達成。その後中国へ赴任し、現地社員への管理業務の指導等を経て独立。
独立後は、黒字会社を中心に経理業務の受託を行っていたが、携わる会社がことごとく急成長を遂げる。その理由を観察・分析し、「黒字会社・黒字社員の習慣」をまとめる。そしてそのメソッドを、赤字で苦しむ製造業の会社で実践。経理部長代行として、毎月10営業日訪問し、経理を通した組織改善を進める。
結果、わずか1年で5000万円の営業赤字が5000万円の営業黒字に反転し、1億円の利益改善に成功。その後も2期連続で黒字を達成し会社を軌道に乗せ、金融機関の与信ランクも回復させた。
現在は「フリーランスの経理」として、製造業やサービス業など幅広い業種を対象に、3~7社の業務を常時並行して行っている。黒字会社のさらなる黒字化のアドバイスに加え、赤字体質の会社への社員指導、利益を生む組織改善の提案にも定評がある。

 今の経理は、現金で決済すべきものはずいぶん減りました。振込もインターネットバンキングでできますから、「毎日、朝から晩まで席に張りついていないとできない作業」はほとんどありません。不在時に何かあったらメールか電話で連絡すればいいのです。

 しかし、経理のイメージとして、「毎日いないと不安」「フルタイムでいてくれないと意味がない」と感じる人はまだまだ多いのです。

 また経理に対して、「机上の空論しか言わない」「経費を節減する提案はできるが、利益を伸ばす提案はできない」という考えの人も多くいます。

 しかし経理こそ、未来を予測しなければならない部署なので、クリエイティブな素養が必要であり、もっとお金をかけるべきなのです。まだまだ経理の業界は「数字の集計をしていれば、それで仕事が終わり」という古く固定的なイメージが払しょくできていないのが現状です。

経理社員は替えがきかない?

 人を切るということは、木を伐採するのと一緒です。一度切られたものは、再び育つのにまた何年かかるかわかりません。

 事務職に関しても、安易にカットすることは会社経営にとっては危険な行為です。士業の方の中には「事務社員をカットして、うちに外注してください」と言う人もいました。しかし今や反対に、士業の方が一般企業の事務社員として鞍替えしているのです。

 結局、経理は事務作業だけをしているわけではなく、現場への指導や相談、経営陣のフォローも業務として行っているので、優秀な事務職ほど、単純に替えがきくという話ではないのです。

 経費節減という誘惑に乗ってしまい、「事務社員をリストラし、外注することで社内が余計に混乱し、結局新しい事務員を高く雇うことになった」という話も聞きます。

 もし、経理部が傍目から見て物足りないなら、ただ計算するだけの部署ではなく、経営分析や進行管理ができる部署として育て直しましょう。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



前田康二郎(まえだ・こうじろう)

1973年生まれ。学習院大学経済学部卒。
レコード会社など数社の民間企業で経理・総務業務を行い、大手PR会社では経理部長としてIPOを達成。
その後中国へ赴任し、現地社員への管理業務の指導等を経て独立。独立後は、黒字会社を中心に経理業務の受託を行っていたが、携わる会社がことごとく急成長を遂げる。その理由を観察・分析し、「黒字会社・黒字社員の習慣」をまとめる。
そしてそのメソッドを、赤字で苦しむ製造業の会社で実践。経理部長代行として、毎月10営業日訪問し、経理を通した組織改善を進める。結果、わずか1年で5000万円の営業赤字が5000万円の営業黒字に反転し、1億円の利益改善に成功。その後も2期連続で黒字を達成し会社を軌道に乗せ、金融機関の与信ランクも回復させた。
現在は「フリーランスの経理」として、製造業やサービス業など幅広い業種を対象に、3~7社の業務を常時並行して行っている。黒字会社のさらなる黒字化のアドバイスに加え、赤字体質の会社への社員指導、利益を生む組織改善の提案にも定評がある。
著書に『スーパー経理部長が実践する50の習慣』『職場がヤバい! 不正に走る普通の人たち』(以上、日本経済新聞出版社)、『1%の人は実践しているムダな仕事をなくす数字をよむ技術』(クロスメディア・パブリッシング)などがある。
 


スピード経理で会社が儲かる

たった1年で、1億円の利益改善に成功した「経理の超プロ」が
今すぐ効くメソッドを初公開!
「経理なんて、数字を計算するだけの部署」と思っていませんか?
実は経理のスピードアップこそ、利益改善の特効薬なのです。
「会社の数字を速く出す」。これだけで必ず儲かります。
難しいことは何もありません。
「無駄な資料を減らす」「ルーティンワークを改善する」。
“当たり前"を徹底するだけで、会社はすぐ変わります。

「スピード経理で会社が儲かる」

⇒バックナンバー一覧