ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
本荘修二の実践講座! 社員を動かすウェブ

見える化ができたら人の力でサポート!
三菱東京UFJ銀の侮れないナレッジ経営

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第2回】 2009年8月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 人手をかけて本社から現場への情報発信のサポートをしているというと、システム化が遅れた会社かと思う方もいるだろう。しかし、前回に続いて取り上げる三菱東京UFJ銀行は、先行例として注目できる大組織だ。

 今回は、同行の法人部門における情報流通改革を紹介しよう。これは全行規模のものではなく、あくまでも法人部門におけるパイロット的な取り組みだが、ユーザー視点に転換した第一ステップに続く、人の力を組み合わせた第二ステップとなる有効な企てとして評価したい。

 三菱東京UFJ銀行で今年新設されたナレッジ・コミュニケーション・センター(KCC)は、数名が人の力で情報を整理している。いわば情報システムと「ヒトのチカラ」の新結合だ。これにより、本部横断的なコーディネーションと本部と現場の断絶の解消を図り、現場の効率的な情報活用へとつなげている。

 本社からの情報発信を、押し付けでなく現場に適合した実効性のあるものにしようという三菱東京UFJ銀行の取り組みは、まさに人を中心に置いた発想であり、ユニークにして現実的だ。

変化の波をかぶる現場を
組織的にサポートする

 この数年で、本部から法人営業に対しての1日あたりの情報配信は、60~80通と以前の数倍になっていた。金融ビッグバンによる取り扱い商品の増加と、金融商品取引法の施行による事務手続の複雑化という二つの要因によって、本部から現場に発信される情報量が急増したのだ。しかし、営業がそんなに時間を割けるわけもなく、情報は大量に発信されるが、必要なものでも現場が使っていないという状況に陥った。

 取り組んでいた社内ウェブによるコミュニケーション改善も合併で中断し、システムは整ったが運用がまだまだという状況だった。しかし、顧客と接する現場が環境変化の波をかぶり、情報洪水で困っている。そこで組織的に情報の分野で現場をサポートしようということになったのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

本荘修二 [新事業コンサルタント]

多摩大学客員教授、早稲田大学学術博士(国際経営)。ボストン・コンサルティング・グループ、米CSC、CSK/セガ・グループ会長付、ジェネラルアトランティック日本代表を経て、現在は本荘事務所代表。500 Startups、NetService Ventures Groupほか日米企業のアドバイザーでもある。


本荘修二の実践講座! 社員を動かすウェブ

グループウェアに始まり、ナレッジマネジメント、最近ではEIP(企業内情報ポータル)と、話題の概念で語られ続けてきた社員向け情報システム。企業にとって永遠の課題である社内ウェブの理想的な作り方を、先進事例を紹介しながら探る。

「本荘修二の実践講座! 社員を動かすウェブ」

⇒バックナンバー一覧