ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新刊 ザ・メイキング
【第1回】 2011年4月7日
著者・コラム紹介バックナンバー

第一回 『1坪の奇跡』(前編)
著者に惚れて始まった仕事

1
nextpage

 東京・吉祥寺にある羊羹と最中だけを扱う和菓子屋さん。お店の名前は「小ざさ(おざさ)」。わずか1坪の店ですが、年商は3億円。早朝から行列ができる名店です。

 本書は、78歳の「小ざさ」社長が、40年以上とぎれない行列秘話を書いたものです。担当編集は寺田庸二君。ダイヤモンド社きっての「熱い」編集者に、制作過程を聞きました。

 

「この人は本物だ」ってすぐに思った

―― よくぞ、こんな偉大なおばあちゃん(著者の稲垣さん)を見つけてきましたね。そもそもこの本のきっかけは?

寺田 この本の前に坂本光司さんの著書『ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社』を担当したんです。この本では、従業員30人以下だけど日本が世界に誇りたい8社を坂本先生と一緒に、札幌~熊本まで、全国を飛び回りました。この8社の一つが「小ざさ」だったんです。

 「小ざさ」の稲垣篤子社長(78)にお会いした際、すぐに「この人の本をつくりたい」と思いました。

―― それだけ第一印象で魅力的だった?

『1坪の奇跡』と、その“親本”である『ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社』。

寺田 はい。著者となりうるかどうかの基準は、その人の持つ「精神」と「技術」にかかっています。「精神」とは、いわば人間性。すごい人間性を感じられるか。精神が透明で、きれいか。「技術」とは、著者オリジナルの卓越したノウハウを蓄積されているかです。

 「小さざ」の稲垣社長は、人間性も素晴らしい方で、かつ羊羹づくりの腕は折り紙つきです。もう、「この方は本物だ!」とビビッときました。

 それで、坂本先生の本が出来上がってお持ちしたときに、「今度は、稲垣社長の処女作をお願いします」と言いました。それが、昨年の2月頃です。それから具体的に動き出しました。

―― 実際に羊羹づくりに忙しい著者ですね。打合せなどはどこで?

寺田 お店は毎週火曜日がお休みなので、その日に稲垣社長のご自宅にお邪魔して、具体的に進めていきました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



新刊 ザ・メイキング

「どうやってこんな本ができたんだろう?」

同じ会社の編集者や営業でも、意外と知らないものです。
どんな試行錯誤があったのか、紆余曲折があったのか。
実際に本ができる過程を、担当編集者に聞きました。
本誌編集長が身内の編集者にその軌跡を独占インタビューします!

「新刊 ザ・メイキング」

⇒バックナンバー一覧