ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
まんがでわかる 伝え方が9割
【第5回】 2017年2月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木圭一 [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

「キーマンであるオネエのマリアを描くために、
新宿二丁目にも通ったんですよ」
【佐々木圭一×坪田信貴】(後編)

1
nextpage

シリーズ97万部突破の大ベストセラー『伝え方が9割』の著者で、先ごろ発売された『まんがでわかる伝え方が9割』も好評の佐々木圭一さんと、映画も大ヒットした『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の著者であり、新刊『人間は9タイプ』も話題の坪田信貴さん。お二人の対談の「後編」では、『まんがでわかる~』の話に。

『伝え方が9割』には、読み手への優しさがあふれている

坪田 僕、佐々木さんのことを尊敬していて、敬愛していて、もう言葉があまり出てこないぐらい大好きなんです。で、なんでこんなに大好きなんだろう…といろいろ考えた時に、まず大前提としてすごく優しい方なんですよね。そして、『伝え方が9割』には佐々木さんの優しさがあふれている。

佐々木 ありがとうございます。

坪田 ちょっとした伝え方一つで能力を発揮できなかったりとか、人間関係がうまくいかなかったりする人や、いい商品やサービスを作っているのに伝え方がイマイチで魅力が伝わっていない企業などを、何とか手助けしたいと思われているんですよね。そして、その伝え方を皆が簡単に習得できるように体系化された。僕も本質的にそういうことを思い続けてきたので、「すばらしい。本当に勉強になる」と思っていたんです。

 そして、『伝え方が9割』の印税の一部で、カンボジアの学校に図書館を贈るという活動をされていますよね。実は僕、それを参考にさせていただいていて。

『伝え方が9割』シリーズを読んでいただいた読者の印税で、カンボジアの小学校に図書室が完成しました。ありがとうございます。

佐々木 そうなんですか?

坪田 恵まれない環境にいる子どもたちに、よりさまざまな「言葉」を知ってもらおうという活動をされていて、さらにその輪を広げようと尽力されているのが、すばらしいなと思って。だから、映画『ビリギャル』の原作使用料に関しては、全額寄付しています。

佐々木 すごい!!

坪田 『ビリギャル』は、ある女子高生のサクセスストーリーであるとともに、家族の再生の物語でもあるのですが、一方でこの映画を見て傷つく人もいるんじゃないかと思ったんです。親がいない子ども、身寄りがない子どもも世の中にはたくさんいますから。そういう子どもたちに、「社会はあなたたちのことを、ちゃんと見ているよ」と伝えられたらと。…これは、佐々木さんから教えていただいたものです。

佐々木 いやいや…、でも嬉しいです。

坪田 以前の対談で、『伝え方が9割』は普遍的だから、世界中で売れますよという話をさせていただいたと思うのですが、それが現実化して、中国ですでに20万部売れているという。嬉しいのと同時に、「売れるのは当然だよな」って思いました。

佐々木 恐縮です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



佐々木圭一(ささき・けいいち) [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

新入社員時代、もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。連日、書いても書いてもすべてボツ。紙のムダということで当時つけられたあだ名は「もっともエコでないコピーライター」。ストレスにより1日3個プリンを食べ続ける日々を過ごし、激太りする。それでもプリンをやめられなかったのは、世の中で唯一、自分に甘かったのはプリンだったから。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。本書はその体験と、発見した技術を赤裸々に綴ったもの。 本業の広告制作では、カンヌ国際広告祭でゴールド賞を含む3年連続受賞、など国内外55のアワードに入選入賞。企業講演、学校のボランティア講演、あわせて年間70回以上。郷ひろみ、Chemistryなど作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。『世界一受けたい授業』等テレビ出演多数。株式会社ウゴカス代表取締役。

佐々木圭一公式サイト: www.ugokasu.co.jp
Facebook:www.facebook.com/k1countryfree
twitter:@keiichisasaki


まんがでわかる 伝え方が9割

かんたんなのに、すぐ使える“伝え方の技術”を紹介し、シリーズ92万部突破の大ベストセラーとなった『伝え方が9割』。ついに、まんが版が発売です!原作が『伝え方が9割』だけに、するする読めて、わかりやすい!この物語は、伝えベタな編集者、五十嵐舞が、謎のオネエに出会うことから始まります。実は、「伝え方」には法則があって学べることを知り、困難を乗りこえていくストーリー。まんがを読むだけで、ベストセラー『伝え方が9割』が身につきます。ここでは『まんがでわかる 伝え方が9割』の中の名場面から、か “伝え方の技術”をご紹介していきます。

「まんがでわかる 伝え方が9割」

⇒バックナンバー一覧