ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
やり抜く力
【第9回】 2017年2月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
アンジェラ・ダックワース,神崎朗子

一流アスリートの共通点は「グリット」の能力だ
スポーツジャーナリスト中西哲生、特別インタビュー【前編】

1
nextpage

IQや才能など生まれつき備わっている能力よりも、「やり抜く力」こそがあらゆる成功のカギだという研究成果をまとめ、世界的な話題となっている『GRIT やり抜く力』(ダイヤモンド社)。昨年9月に日本でも発売されると、あっという間に25万部のベストセラーとなった。そこでこの本の愛読者で、「事あるごとに読み返しては参考にしている」というスポーツジャーナリストの中西哲生さんに、「やり抜く力」がある選手について、またご自身が「やり抜く力」を身につけた出来事について伺った。(構成:山本奈緒子、写真:柳原美咲)

一流のアスリートは「地味なこと」をしつこく続ける

―――『GRIT やり抜く力』を読まれた印象はどのようなものでしたか?

中西哲生氏(以下、中西) 僕はスポーツ解説の仕事で多くのアスリートに接していて、サッカーに関してはパーソナルコーチもさせていただいているんですが、この本はトップアスリートたちの共通点をまさに言い当てているなと思いました。

 いまは、セリエAで活躍する長友佑都選手と、なでしこジャパンのエースストライカー・永里優季選手、Jリーグ出場の最年少記録を塗り替えたFC東京の久保建英選手にアドバイスをさせていただいているんですけど、彼らは皆、このグリット(やり抜く力)が非常に強い。まさに本でも書かれている通り「やり抜く力」において重要な「情熱」と「粘り強さ」を合わせ持っているんです。

―――具体的にはどのような「情熱」と「粘り強さ」を持っているんですか?

中西 僕のトレーニングというのはものすごく地味なんですね。というのも、正しいフォームをつくるための正しい呼吸や正しい関節ポジションを探すという作業がメインです。

 だから一度だけしか来ない人も多いんですよ。もうつかめたと思うのかもしれないし、もしくはこんなのでうまくいくのだろうかと思うのかもしれない。

 でもその3選手だけは、何年もずっと来続けているんですよね。しかも僕から声をかけているわけではなくて、自分から「次は、いついつにトレーニングできますか?」と連絡してくるんです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
10年後、君に仕事はあるのか?

10年後、君に仕事はあるのか?

藤原和博 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年2月

<内容紹介>
人工知能、グローバル化、就活の地殻変動… 約50%の仕事が今後10〜20年でなくなると言われる。 そのような時代を生き抜くためにはどんな力を身につけておくべきなのか? 教育改革実践家の著者が、高校生に語りかけるスタイルで仕事が消滅していく社会で「稼げる大人」になる方法を伝授する。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR


アンジェラ・ダックワース [Angela Duckworth, Ph.D.]

ペンシルベニア大学心理学部教授。近年、アメリカの教育界で重要視されている「グリット」(やり抜く力)研究の第一人者。2013年、マッカーサー賞(別名「天才賞」)受賞。教育界、ビジネス界、スポーツ界のみならず、ホワイトハウス、世界銀行、経済協力開発機構(OECD)、米国陸軍士官学校など、幅広い分野のリーダーたちから「やり抜く力」を伸ばすためのアドバイスを求められ、助言や講演を行っている。
ハーバード大学(神経生物学専攻)を優秀な成績で卒業後、マッキンゼーの経営コンサルタント職を経て、公立中学校の数学の教員となる。その後、心理科学の知見によって子どもたちのしなやかな成長を手助けすることを志し、オックスフォード大学で修士号(神経科学)、ペンシルベニア大学大学院で博士号(心理学)を取得し、心理学者となる。子どもの性格形成に関する科学と実践の発展を使命とするNPO「性格研究所」の創設者・科学部長でもある。
ダックワース教授の研究は、多数の学術専門誌のほか、「ニューヨーク・タイムズ」「フォーブス」「タイム」をはじめ一般紙誌でも広く採り上げられている。長年の研究成果をまとめた本書は、2016年5月の刊行直後から「ニューヨーク・タイムズ」のベストセラー上位にランクイン。たちまち異例のベストセラーとなり、「CBSニュース」をはじめテレビ等で大きく報じられた。TED トーク「成功のカギは、やり抜く力」の視聴回数は900万回を超える。夫とふたりの10代の娘とともにペンシルベニア州フィラデルフィア市に在住。

神崎朗子 [かんざき・あきこ]

翻訳家。上智大学文学部英文学科卒業。おもな訳書に『スタンフォードの自分を変える教室』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『フランス人は10着しか服を持たない』『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。』(以上、大和書房)などがある。
 


やり抜く力

「人が人生で成功するのに最も重要なファクターは何か?」がついに解明された! ビジネスリーダー、エリート学者、 オリンピック選手……成功者の共通点は「才能」でも「IQ」でもなく、第3の能力「グリット(やり抜く力)」だった――。これまでの能力観・教育観を180度くつがえし、世界的ベストセラーとなっている『やり抜く力 人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』から、その驚くべき内容を紹介する。

 

「やり抜く力」

⇒バックナンバー一覧