ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週末はこれを読め! from HONZ

方言に対するポジティブイメージはどう広まったか

『方言萌え!?――ヴァーチャル方言を読み解く』

小松 聰子 [HONZ]
【第36回】 2017年2月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
SNSやゲーム等で関西人でもないのに、「なんでやねん」「なにしとんねん」「おおきに!」といったように、方言を演出的なツールとして使っていないか?(写真はイメージです)

「ヴァーチャル方言」が
どのようにして広まったのか

『方言萌え!?――ヴァーチャル方言を読み解く』
田中ゆかり
岩波書店
240ページ
880円(税別)

 えっ、方言コスプレ?

 本書『方言萌え!?――ヴァーチャル方言を読み解く』を手にしてまず目に飛び込んで来たのが、この言葉。コスプレと言えばコスチュームプレイの略語のアレですよね、そうですよね? 言葉ですよね、コスチュームじゃないですよね、方言って言葉ですよね? ですよね??

 混乱する中、岩波ジュニア新書から出された本書は私に語りかける。ジュニアとつくだけあって口調がなんだかとっても優しいのだ。優しくされるだけで、どんどん読み進もうと思うこの不思議さ。

 本書は地域に結びついた素の言葉である「方言」ではなく、テレビやラジオ、インターネットから地元のお土産物まで様々なコンテンツの中で加工編集された「ヴァーチャル方言」が、どのようにして広まったのかを調べた一冊だ。「萌え」とタイトルに有ることから分かるように、あくまでも好意的な使用法として紹介されている。

 これだけ「ヴァーチャル方言」が巷に溢れかえっていても、意識しながら接していないと、中々その存在の意味に気づくことがない。それが分かっただけでも、本書を手に取る面白さはあるだろう。

 本来の意味での「方言」、つまり日本語における在来の土地の言葉としての方言は、江戸時代の地域区分に沿って大まかな区分けができる。当時、一般人の移動は制限されていたため、必然的にそれぞれの土地の方言は、他の地域のものとは異なるものになっていった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小松 聰子 [HONZ]

1977年静岡県生まれ。関西大学社会学部卒業後、京都の通販会社に勤務中にふと社会人大学院に行きたくなり会社を辞めて上京。早稲田大学大学院商学研究科専門職学位課程ビジネス専攻卒業。2008年より精密機械メーカーに勤務。大学時代にはブルマーの研究を行い、事あるごとに「ブルマーで卒論書いたんですよ!」と人に言いふらしている。好きなものは水玉模様とピアノ(鍵盤)。書籍で興味があるのは主に人文・社会系。

 


週末はこれを読め! from HONZ

読むに値する「おすすめ本」を紹介するサイト「HONZ」から、週末読書にオススメのノンフィクション本のレビューをお届けします。HONZが対象とするのは小説を除くすべての本です。サイエンス、歴史、社会、経済、医学、教育、美術、ビジネスなどあらゆる分野の著作が対象です。

「週末はこれを読め! from HONZ」

⇒バックナンバー一覧