HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

ストレスフリーな食事健康術 岡田明子

花粉症の体質改善!免疫力を高める食品と食べ方

岡田明子 [管理栄養士]
【第24回】
飛散するスギ花粉

 「今日、きたよ」「シーズン到来か~」「はじまりましたね」。今年もオフィスでこんな会話が交わされる頃になりました。花粉が飛び始める時期に突入です。今年の飛散量は例年並みかやや少なめと言われていますが、花粉症の方には辛い時期ですね。今回は、症状を少しでも和らげるべく、免疫力アップの食事術をお伝えします。

 人間はもともと、花粉やほこりなど人体にとっての異物が体内に侵入しようとすると、くしゃみや鼻水などを利用してこれを防ぐ反応をするようになっています。ところが、食生活の乱れやストレスによって免疫が低下している時にこれらの異物がやってくると、過度にくしゃみやかゆみが出るアレルギー症状を起こしてしまいます。つまり免疫力を上げることが、花粉症を和らげることにつながるのです。

免疫力を上げる3つの食事選びのポイント

 免疫力を上げるためには、食事の選ぶ際に心掛けたいことが3つあります。順にご説明します。

 (1)腸内環境を整える

 まず、腸内環境の改善です。腸は、全身の免疫システムにとって、とても大切な臓器です。腸内では乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が活躍し、免疫細胞が働きやすいように環境を整えていてくれています。この善玉菌を摂ることはもちろんですが、善玉菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖も摂り入れることで腸内環境はより整えられます。

●善玉菌を摂るには発酵食品を選ぶ

 善玉菌を増やすには、ヨーグルトやキムチなどの発酵食品がおすすめです。ヨーグルトをそのまま食べたり、野菜や果物と一緒にミキサーにかけてスムージーにして朝食や間食に取り入れることで、無理なく継続的に善玉菌を摂ることができます。また、焼き肉店でキムチを食べる、キムチ鍋をチョイスするなど外食が多い人もメニューを選ぶ時に意識していきましょう。

 最近では、免疫細胞を活性化する機能があるとして国に認められた乳酸菌飲料のような特定保健用食品も見かけるようになったので活用してみるのもよいでしょう。

1 2 3 4 >>
関連記事
このページの上へ

岡田明子 [管理栄養士]

同志社女子大学管理栄養士専攻卒業後、高齢者施設に勤務し、利用者の食事管理を行う。その後ダイエットサプリメント会社の立ち上げに関わり、自身の13kgのダイエット成功経験をいかして「食べてキレイに痩せる」ダイエットメソッドを確立。その後、独立しヘルスケア関連を中心にレシピ監修や商品開発、講演や執筆活動、テレビなどのメディア出演などを精力的に務めるほか、個人への食事サポートも行い、ダイエットなどに悩む方への個々の生活習慣に合わせた的確な指導に定評がある。食事アドバイスサポート実績は延べ1万人に及ぶ。2014年一般社団法人NS Labo(栄養サポート研究所)を設立し、栄養士、管理栄養士をサービスパートナーとして、健康事業のサポートとヘルスケア分野で活躍できる人材育成を行っている。著書に『朝だから効く!ダイエットジュース』(池田書店)がある。ブログはこちらから。


ストレスフリーな食事健康術 岡田明子

健康になるためには食事が大切。でも、健康的な食事=おいしくない、量が少ない、味が薄い…。そう思い込んでストレスになっている人も少なくないはず。この連載では、そんなイメージを脱するような健康になれるのに我慢しなくていい、ストレスフリーな食事術を紹介。1万通り以上の食事パターンを分析し、何千人もの方のダイエットサポート実績がある管理栄養士の岡田明子さんがお教えします!

「ストレスフリーな食事健康術 岡田明子」

⇒バックナンバー一覧