ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

中国人インバウンドを狙う企業の勝負の分かれ目
日系企業が身につけるべき「ウェブ集客」の極意

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第45回】 2011年4月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

インターネット人口が爆発的に増え続ける中国でビジネスを行なう日系企業にとっては、ウェブを使ったプロモーションをいかに効率的に展開するかが、勝負の分かれ目となる。日本企業にウェブソリューションをトータルで提供するウィルスタークリエーション(上海良星造想信息技術有限公司)の竹内氏に、中国におけるウェブ集客の極意について聞いた。

ウィルスタークリエーション(上海良星造想信息技術有限公司)の竹内 光董事長・総経理。

――ウィルスタークリエーションは、どんな事業を行なっていますか?

 中国で事業を展開している日系企業向けに、企業戦略に合った最適なウェブソリューションをトータルで提供する会社です。具体的には、ホームページの制作からオンライン広告代行まで行なっています。

 会社設立後3年で、日系企業を中心に約100社のお客様をサポートしています。最近は、日本人や日本企業をターゲットにする中国企業からの仕事も増えています。

――中国でのウェブによる集客の現状はどうなっていますか?

 弊社で行なっているサービスは、中国語をキーワードにした「百度」(バイドゥ)による集客と、日本語をキーワードにした「Google」「Yahoo!」などの集客に分かれます。百度は、検索結果として、広告費を払った企業の有料広告が検索結果の先頭に表示されるのが特徴です。中国らしくカネを払うものが優先で表示されるのです(キーワード毎の入札数、入札単価により、先頭に表示される有料広告は0~10に変動します)。

 逆に言うと、いくらSEO対策に力を入れたとしても、カネを払わなければリストの上位には表示されない可能性があるということです。Googleと比較して、まだまだ広告単価が安く、日本に関連のあるキーワードがあまり使われていない(=競争がまだ厳しくない)百度は、中国市場を狙う日系企業にとって、今最もお勧めの集客ツールです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧