ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

経営者に「人材データを信じる勇気」がなければ
優秀な社員ほど会社を辞めていく

――タレントマネジメント大手「コーナーストーン・オンデマンド」に聞く

ダイヤモンドIT&ビジネス
【第140回】 2017年3月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

米国の人材マネジメントソフトウェア大手、コーナーストーン・オンデマンドの経営企画担当役員が2月に来日し、日本市場へ本格進出する狙いを語った。

世界3000万ユーザーが利用する
タレントマネジメントシステム

ジェイソン・コルセロ(Jason Corsello)
米国コーナーストーン・オンデマンド
経営企画、戦略担当シニアバイスプレジデント
コーナーストーンの製品開発、市場進出戦略やM&A投資を主導する一方、従業員サービスやモバイル製品などの責任者も務める。2011年に同社に入社するまで、20年以上にわたり企業向けソフトウェア業界の調査、コンサルタントの経験を持つ。人事マネジメント業界の専門家としてメディアにも多数登場

――コーナーストーンとはどんな企業ですか。設立からこれまでの経緯をお聞かせください。

ジェイソン・コルセロ(以下・黒文字) コーナーストーン・オンデマンドは1999年に米国ロサンゼルスで創業した企業です。以来17年間、タレントマネジメント分野の業界をリードしてきました。現在は世界24ヵ所にオフィスを構え、191ヵ国、3000社にサービスを提供、総ユーザー数は3000万を数えます。世界市場でのシェアは27%で第1位です。

 当社は社員教育のオンラインプログラムからスタートしており、今でもラーニングはコアの事業です。そこに、採用やパフォーマンス管理、後継者育成などの人材管理に関する機能を追加してきました。これらをタレントマネジメントのスイートとして構築して、ユーザーには1つのサービスとして提供しています。

――コーナーストーンのサービスの特徴は何でしょうか?

 最大の強みは、創業時からの中核である社員の教育プログラムです。あらゆる業界、業務分野の教育をオンラインで行えるようになっています。

 例えばある国の税務の仕組みについて学びたいという時も、それを体系的に学び、自分が業務で使えるレベルに達しているかをテストすることができます。コーナーストーンのユーザーの約82%が教育プログラムをご利用いただいており、年間、全世界で約4億件のオンラインプログラムを「修了」しています。

――業績面では、ここ数年の急成長が目立ちます。

 とくに最近の成長が著しいという認識はありません。創業以来一貫して業容が拡大しているなかで、とくに最近は人材の分野に対する注目度が高まり、成長が持続していると感じています。

 コーナーストーンのサービスのもう1つの特徴は、当初から「クラウド」の仕組みを取り入れていたことです。つまり、1つのユーザーアカウントで、すべての機能が使えるようになっています。他社の場合よく見られるのが、買収によって追加された機能を横に並べていく形ですが、それですと機能ごとのインターフェースのばらつきなどがあって使い勝手がよくありません。

 違う見方をすると、クラウドベンダーであるからこそ、ユーザー数の拡大への対応や機能の追加をスムーズに行って来られたという認識です。すべてのユーザーに、同じときに同じバージョンを使っていただく、つまり1つのサービスを提供し続けるなかで、バックのシステムやアプリケーションを次々と拡大してきました。現在も年間4回、3ヵ月ごとのバージョンアップを繰り返しています。グローバル展開についても、クラウドであるからこそ新しい国や地域にもサービスを拡大できたといえます。

 その結果、顧客の維持率は95%を超えており、支持の高さを裏付けています。ちなみに現在の最大の顧客は、カナダに本拠を置くDHL社で、同社の全世界の社員約60万人に使っていただいています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
 
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

IT&ビジネス 業界ウォッチ

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧