ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ザ・ワーク 人生を変える4つの質問
【第4回】 2011年4月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
バイロン・ケイティ [『ザ・ワーク』著者]

頭の中でふくらんでいくストーリーに、
問いかけをすることで「気づき」を得られる
ワークの基本的な考え方・その4

1
nextpage

「すべき」「こうあるべき」というストーリーが頭の中でふくらんでいくと、ついには鬱状態になってしまうことすらある。それは悪夢の中にいるようなもの。そんなとき、「ワーク」による問いかけで不快なストーリーを減らすことができる。
(連載第1回と、著者のインタビュー映像はこちら

4 自分のストーリーに気づく

 現実だと信じ込んでいる考えを、私はよく、「ストーリー」と呼んでいます。ストーリーは、過去や現在や未来についてのことであったり、ものごとがどうあるべきか、どうなる可能性があるか、なぜそうなのかということについてだったりします。

 そういうストーリーが、一日に何百回となく私たちの頭の中に現れます。誰かが一言も発しないまま立ち上がり、部屋を出て行くとき。誰かが微笑まないとき。電話を折り返しかけてこないとき。上司の部屋に呼ばれたとき。パートナーが話しかけてくるときの声のトーン。

 ストーリーというのは、検証や探求をしていないにもかかわらず、何らかの意味づけをしている考え方と言えます。私たちはふだん、たんなる考えであるということを意識すらしていません。

 ひとつ、例を挙げてみましょう。私が自宅近くのレストランの化粧室に入ったときの話です。ちょうど個室から出てきたひとりの女性と出くわしたので、お互いに目を合わせて微笑みを交わしました。私がその個室に入ってドアを閉めると、その女性は歌を口ずさみながら、手を洗い始めます。「なんて素敵な声!」と私は思いました。ところが、彼女が去る音がしたとたん、便座が濡れていることに気がつきました。

 「こんな無作法なこと信じられない」、「立って用を済ませたんじゃないかしら?」という考えが次から次へと浮かびます。挙句の果てに、「女装が好きな男性で、裏声で歌っていたのかも」という考えさえ浮かびました。彼女(彼)を追いかけていって、個室がどんなひどいことになっているか、言ってやろうとさえ思ったのです。私は便座を拭きながら、自分の言いたいことをすべて思い浮かべました。

 ところが自分が用を終えてレバーを押したとたん、トイレから水が勢いよく吹き上がり、便座を水浸しにしてしまったのです。
 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


Photo: Scott London

バイロン・ケイティ [『ザ・ワーク』著者]

1986年に「現実に目覚める」体験をして以来、世界31言語、数百万もの人々にワークを紹介。公開イベントの他、ビジネス、大学、学校、教会、刑務所、病院などで活動している。著書に、全米ベストセラーの『ザ・ワーク』(ダイヤモンド社)、『探すのをやめたとき 愛は見つかる』(創元社)など。

ウェブサイト www.thework.com/nihongo


ザ・ワーク 人生を変える4つの質問

1986年以来、世界で何百万もの人々の心を救った「ワーク」とは? シンプルな4つの質問を投げかけることで、自分の中にある本当の答えが見つけられ る。アンソニー・ロビンズ、神田昌典はじめビジネスリーダーから心理学者・医学者までもが注目する、心を解放する手法の基本的な考え方5つのポイントを、 著者が語る。

「ザ・ワーク 人生を変える4つの質問」

⇒バックナンバー一覧