six

レンジローバーがすごいのは
性能だけではないという事実

Range Rover Velar

全長4803ミリ、全幅1903ミリ、全高1665ミリ

 レンジローバーといえば1970年に発表された初代で、どこよりも早く高級SUVのマーケットを開拓したモデルだ。

 現在も豪華でセンスのいい内装といい、質感の高い作りといい、走りの性能いがいにも富裕層マーケットにアピールするところは多い。

 さる3月1日にロンドンでまったく新しいレンジローバーのラインが発表された。その名はレンジローバー・ヴェラール。

 マーケティング上の位置づけは、レンジローバー・スポーツと、レンジローバー・イヴォークの間になる。

 車名のヴェラールとはラテン語の“隠す”からとった造語とか。さきに触れた初代レンジローバーが1960年代に秘密裏にテストされていた際、メーカー名を隠すためにつけられていたのもヴェラールだったという。

クヴァドラと共同開発した高品質ファブリックシートが特徴のひとつ


 今回のレンジローバー・ヴェラールは、隠すどころか、もしオーナーになったら鼻高々とみんなに見せびらかしたくなるような、美しいスタイリングを持っている。

 「レンジローバーのデザインにとって新しい章の始まり」。デザインを統括するジェリー・マクガバン氏はそう述べた。

 ヴェラールは歴代のレンジローバーの中で最も空気抵抗の少ないボディ形状をしており、ヘッドランプはLEDで薄くし、ドアハンドルも使わない時はボディに格納されてしまう。

  • 1
  • 2

six-car

ライフスタイル・マガジン「Six」が送る自動車&バイクの最新情報。

「six-car」

⇒バックナンバー一覧