ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
僕らの「人生交差点」~アフター3.11を生き抜く究極の二者択一

震災後も「無縁社会」は続行中!?
草食系男子と隠れひきこもりの新しい“絆”の作り方

西川敦子 [フリーライター]
【第2回】 2011年5月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「家に帰るのが怖い」。近頃、独身リーマン、OLの間でそんな声が増えている。

 「一人ぼっちのマンションで余震におびえる夜はもうたくさん。眠れないまま布団の中で悶々としていると、『巨大地震が起きて、そのまま孤独死したらどうしよう』とか、『結婚もせず、心から気を許せる友人もいない自分はつくづく孤独な人間だ』なんて考えてしまうんです」(31歳女性・広告代理店勤務)

 震災後、あらゆるメディアで目にするようになった「絆」というキーワード。だが、顔の見えない日本人同士の結束力は高まっても、身近な人々――上司や部下、家族、異性との絆は、あまり感じられないのが現実ではないだろうか。

 一方、いよいよこれから「震災不況」は本番となりそうな様子。厳しい峠を一人で乗り越えるのは精神的にもキツそうだ。とはいえこのご時世、そう簡単に結婚相手やフレンドリーな職場が見つかるはずもない。そこで今回はあらためて「ニッポンの絆」とは何か、見つめ直してみることにした。果たして「草食系男子」が見出した居場所とは!?うつギリギリの場合の奥の手とは!?

――この連載では、“問題の現場”を知る2人のインタビュイーが登場。それぞれの立場から混迷期のサバイバル術を語ってもらう。第2回目のテーマは「絆」。急速に変わる社会で「新しい居場所」を探る方法を2つ聞いた。

「寄り添う」東京ボランティア市民活動センター所長 山崎美貴子さんの話

新しいボランティア青年の姿!?
被災地に駆け付けた「草食系男子」たち

 女性を口説く気にはならないけれど、同じ日本人として、苦しんでいる人は見ちゃいられない――。東京ボランティア・市民活動センター所長の山崎美貴子さんの話から、そんな「新しき日本男児」の姿が浮かび上がってきた。

山崎美貴子さん/明治学院大学教授・副学長、神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部長を歴任。1986年より東京ボランティア・市民活動センター所長に。ボランティア活動などを精力的に推進。『ボランティア活動のひろめ方』(第一法規)など著者多数。

 「今回の震災でボランティア活動の中心となっているのは、いわゆる『草食系男子』なんです。ボランティアが急速に増えたのは、阪神淡路大震災以降。このときは学生が大勢参加した。その前はおもに中年の女性たちが活動を支えていました。ところが今回の中心層は、会社を休んで駆け付けてくる20~30代の男性たちです。

 昔のボランティア青年は自己主張が強くて、いかにも熱血漢という感じだったんだけど、彼らはあきらかにそれとは違う。非常に淡々とした態度なんです。いかにも草食系、というタイプが多いんですよね」

 山崎さんが驚いたのは、災害ボランティアとしての彼らの優秀さだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


僕らの「人生交差点」~アフター3.11を生き抜く究極の二者択一

日本のシステム、人々の価値観を大きく揺るがせた東日本大震災。日本社会はこれから深刻な混迷期に突入するかもしれない。アフター3.11をどう生き抜けばいいのか。「絆」によって乗り越えるのか、それともあくまで「戦う」のか。この連載では、“問題の現場”を知る2人のインタビュイーが登場。対立する立場から、混迷期のサバイバル術を語ってもらう。

「僕らの「人生交差点」~アフター3.11を生き抜く究極の二者択一」

⇒バックナンバー一覧