ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
僕らの「人生交差点」~アフター3.11を生き抜く究極の二者択一

上司部下の関係に異変!?不倫も急増中!?
“友情偏差値”に翻弄される
「フェイスブック依存症」の実態

西川敦子 [フリーライター]
【第10回】 2011年9月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 バーチャルな世界にリアル世界が浸食される、という怪奇現象も起きているようだ。

 3.11で利用者が一気に増えたソーシャルネットワーク(SNS)。ニールセン・ネットレイティングスの調べ(※)によると今年5月の月間利用者数(家庭と職場のPCからアクセス)はツイッター(Twitter)が約1467万人、ミクシイ(mixi)が1286万人。一方、フェイスブック(Facebook)は820万人だが、前者2つに比べると伸び幅も大きく、今後ますます浸透していきそうな気配だ。(※「2011年5月の主要SNSサイトの動向」*「利用者数」は対象サイトの訪問者数で、会員数や登録者数ではない。*MacOS用アプリケーションならびにスマートフォン用アプリケーションは含まない)

 震災以来、以前にもましての他者との絆を渇望する人が増えた。だからこそSNSは今、手放すことのできないコミュニケーションツールになりつつある。その一方、SNSに振り回されてしまう困った事態も多発しているようだ。

 広がるSNSに潜む意外な落とし穴について、取材してみた。

今回のお題
「急増するSNS利用者。
あなたもハマってみる? それとも距離を置く?」

「投稿履歴を見られている!」
女性部下がぞっとしたトンデモ上司

 某大学に勤務している加藤綾子さん(仮名・31歳)はフェイスブックユーザーだ。昔の同級生と旧交を温めたり、趣味のパン作りの話で友人と盛り上がったり。いろいろな職業、立場の人びととコミュニケーションすることで視野が一気に開け、毎日が楽しくなった、と感じていた。ところがある日を境に状況は一変する。

 きっかけは、日ごろ敬遠している職場の上司が「友だち」申請してきたこと。多くの人が実名で登録するフェイスブックでは、検索すれば簡単に知り合いを発見でき、情報交換できる「友だち」申請をすることができる。立場上、無視することもできず、しぶしぶ承認した加藤さんだったが、案の定、困った展開となった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


僕らの「人生交差点」~アフター3.11を生き抜く究極の二者択一

日本のシステム、人々の価値観を大きく揺るがせた東日本大震災。日本社会はこれから深刻な混迷期に突入するかもしれない。アフター3.11をどう生き抜けばいいのか。「絆」によって乗り越えるのか、それともあくまで「戦う」のか。この連載では、“問題の現場”を知る2人のインタビュイーが登場。対立する立場から、混迷期のサバイバル術を語ってもらう。

「僕らの「人生交差点」~アフター3.11を生き抜く究極の二者択一」

⇒バックナンバー一覧