ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ネットビジネスの収益モデルに一大転機が到来?
にわかに注目を集める「ネット投げ銭」の真骨頂

宮崎智之 [フリーライター]
2011年5月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

これまで幾度となく議論されてきた、ネット上のコンテンツ課金。すでに大手メディアも有料コンテンツを配信する流れが出てきているが、まだまだ一般ユーザーに浸透しているとは言い難い。そんななか、ベンチャー企業が開発した「Grow!」やNECビッグローブの「ポチ」など、無料コンテンツを楽しんだ後にユーザーが気に入れば「投げ銭」できるというサービスが立ち上がり、注目を集めている。「リスペクト」や「感謝」の意をクリエイターに対して表明する「投げ銭」方式の新サービスに、収益化に課題が多いと言われていたネット産業は光明を見出すことができるのだろうか?(取材・文/プレスラボ・宮崎智之)

ユーザーの心理的ハードルが高いなか
コンテンツ課金の新たな可能性が登場?

 もともと「無料」を前提としてきたネット上のコンテンツ。大手メディアが手がけるニュースサイトでも広告収入を基本としており、ユーザーから対価を得るB to Cモデルを採用しているケースは少ない。もちろん、日本でも日本経済新聞の電子版を筆頭に有料化の流れもあるが、専門性が低い一般紙まで浸透するかは未知数だ。

 また、ニコニコ動画や一部のSNSでは、無料会員に加えて有料会員制度を導入しているものの、個人が運営しているサイトでは人気のあるコンテンツでも収益化は難しい現状がある。

 最近では、スマートフォンやiPadのようなタブレット型コンピュータなどから有料コンテンツを購入するスタイルが定着し始めたが、ユーザーにとってネット上で課金されることの心理的なハードルは、いまだに高い。

 そんななか、新たな潮流として注目されているのが、「Grow!」「ポチ」などの「投げ銭」式サービスだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧