ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
プレゼンの上手な話し方

たとえ話や比喩が聞き手の気持ちを動かす!
印象に残るプレゼンの鉄則

福田 健 [C.N.S(株)話し方研究所会長]
【第10回】 2011年5月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

抑えきれない気持ちをのせて
“生き生き”と声を出す

 理屈によって相手の感情に働きかけることも、できないことではない。あまりに見事な論の立て方に感じ入って、心を動かされることもあるからだ。

 とはいえ、「印象深く」話すために、理屈をもってするのは原則ではなく、例外の領域であろう。相手の感情に働きかけるには、感情をもってするのが、常道というものだ。

 感情を込めて話すためには、話し手がある出来事なり、事柄に対して、感情を動かされるところから出発する。

 牧師の話である。

 教会に来る信者たちの前で、牧師が話をすると、半分ぐらいの人たちが居眠りを始める。話があまりに淡々としているために、聞く者はつい、うとうとしてしまうのだが、牧師は、

 〈自分は話が下手だから〉

 と、あきらめていたという。

 ある日曜日のこと。

 いつものように、淡々とした口調で話を始め、まもなく、いつものごとく、居眠りが始まる頃、牧師は昨日テレビで見た、悲惨な交通事故の場面が、突然、目の前に浮かんだ。と同時に、言葉が口から飛び出していた。

 「皆さん、ご覧になりましたか。昨日の幼稚園児の悲惨な事故を」

 いつにない強い口調の牧師の言葉に、信者たちは、ハッとして注目した。

 「みどりのおばさんが、旗を上げて、『はい、渡っていいわよ』と、ニコニコしながら呼びかけて、園児たちも、いかにも楽しそうに笑い声をあげながら、道路を横断する。そこへ、いきなり、トラックが突っ込んできたんですよ。あっという間に、子供たちははね飛ばされて、そこらじゅう、血の海です。天国だったのが、いっぺんに地獄と化しました。一体、こんなひどい、むごいことがあっていいものでしょうか」

 牧師は、怒りで体が震え、手を上げ、声を振り絞って、叫んだのだ。別人のような牧師の話しぶりに、信者たちは目を見張り、そして、心を打たれた。それからあとの牧師の話にも、力がこもり、人々は深く聞き入ったという。牧師も、

 「あのとき、わたしも気づきました。わたしの話に欠けていたものが、何であるかを……」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
これであなたも「最強プレゼンター」に!

「説得力のある話し方」を身につけることが、プレゼンテーションを成功させるカギ!聞き手に理解・納得・共感してもらい、イエスを引き出すためには、どういうコミュニケーションをとり、どういう話し方をすればいいのか? コミュニケーションの原理原則から説き起こし、プレゼン、スピーチ、講演、会議、商談・交渉などの実践の場面で威力を発揮する効果的で説得力のある話し方について解説する。

話題の記事

福田 健 [C.N.S(株)話し方研究所会長]

1983年株式会社話し研究所を設立。2004年に会長に就任。「コミュニケーション」を軸にした講座、講演を企業、官公庁を中心に行い、話し方研究所でもセミナーを開催。主な著書に、『人を動かす会話術』『上手な「聞き方・話し方」の技術』などがある。


プレゼンの上手な話し方

いまやプレゼンテーションは、営業職の人だけでなく、技術者、行政の職員などすべての人にとって身近な存在、そして必要なスキルになっている。あらゆる場面で聞き手を納得・共感させるにはどうすればよいのか。この連載では、「説得力ある話し方」を身につけ、プレゼンテーションを成功させるカギを探る。

「プレゼンの上手な話し方」

⇒バックナンバー一覧