ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
脳にまかせる勉強法
【第11回】 2017年4月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
池田義博

日本一の記憶術を編み出した脳整理法

新刊『世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法』では、脳の仕組みを活用し、4回連続記憶力日本一、日本人初の記憶力のグランドマスターになった著者による世界最高峰の勉強法を紹介していきます。記憶力が左右する試験、資格、英語、ビジネスほか、あらゆるシーンで効果を発揮するノウハウを徹底公開します。

試行錯誤の末に生みだされた
脳の編集力を最大限に利用した記憶術

 私は記憶競技の練習を始めてからほどなく記憶力日本選手権大会で優勝し、記憶力日本一となることができました。それには理由があったのです。

 短期間で勝負するためには、他の人と同じことをやっていても勝てません。自分独自の記憶テクニックを編み出すことが先決だとまずは考えたわけです。

 けれども、そんなに簡単に新しい方法が思いつくものでもありません。

 そんななか、試行錯誤の末に行ったのが次の方法なのです。

 新しいアイデアは、まったくゼロの状態からは生まれません。

 そこで脳や記憶に関する知識がたまり、それらが頭の中で整理された頃、アウトプットの作業を行いました。

 どんなアウトプットを行ったかというと、自分の頭の中にある知識、考え、アイデアなど思いつくものすべてを紙に書き出すというものです。

 なぜ紙に書き出す行為を選んだかというと、自分の頭の中の記憶に関する知識を「見える化」したかったからです。

 書き出された内容を目で見て脳に取り込むことにより、そこからまた連想が膨らんで新しいアイデアにつながることを期待したのです。

 紙に書き出すといっても、じっくり時間をかけていいアイデアを思いつくのを待って書いていくわけではありません。

 制限時間を決めて、まったく手を止めずに字を書き続けたのです。

 慣れないうちは途中でペンが止まりがちになることもあったのですが、それでも手を止めずに、そんなときは「今は考えが浮かばないけれどすぐに何か浮かぶはず。そうだ◯◯について考えてみるのはどうか」など、その瞬間浮かんだことをそのまま正直に書き続けました。

 手を止めずに書き続けたのには訳があります。

 考える時間があると、人の脳というものは、すぐにかっこつけようとするのです。つまり、見た目だけよくて中身があまりないアイデアを作ろうとするのです。

 その脳の「編集したがり屋」は常識的な考えを求めたがります。この「編集したがり屋」の動きをセーブするためには、手を動かし続けることが必要だったのです。

 イメージとしては、頭の中と手が直結しているような感じが理想です。

 このアウトプットを続けていくうちに、自分の頭の中が明確になっていきました。そして期待していたとおりに、「わかっていること」と「わかっていないこと」の確認も同時にできるようになりました。

 さらに続けるにつれ、アイデアがひらめく回数も増えていったのです。

 こうして新しい記憶術を編み出していきました。

 私は人にものを教える仕事をしています。

 効率のよい勉強方法はないか、その意識が頭にいつもあるので、このアウトプットが勉強にも有効な手段であることにすぐに気づいたのです。

 頭の中にある知識が必要なときに取り出せるものかどうか確かめておく必要があるために、有効な手段が知識を自己確認することです。

 このアウトプットで頭の中身を目に見える文字にすることにより、本当に覚えているか、理解しているかの自己確認をすることができます。

 また、それを見ることによって覚えていなかったり、理解できていなかったりする自分に足りない部分をピンポイントで確認することもできます。非常に効率のよい復習をすることができるというわけです。

 さらに、記憶という観点からもこのアウトプットは効果的です。この作業自体が経験の記憶になりうるからです。

 本書でお伝えするアウトプットを利用する勉強法は2種類あります。

 一つは知識を深く掘り下げていく方法、もう一つは知識のネットワークを作る方法です。

スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    池田義博(いけだ・よしひろ)

    一般社団法人日本記憶能力育成協会会長。
    大学卒業後、大手通信機器メーカーにエンジニアとして入社。その後、学習塾を経営。 塾の教材のアイデアを探していたときに出合った記憶術に惹かれ学び始める。このとき、記憶力を競う記憶力日本選手権大会の存在を知り出場を決意。独学での 練習の末、初出場した2013年2月の大会で優勝し記憶力日本一となる。その後、14年、15年と3連覇。17年も優勝し、出場した4回すべて記憶力日本 一に。
    また、13年12月、ロンドンで開催された世界記憶力選手権において、日本人初の「記憶力のグランドマスター」の称号を獲得する。
    次の夢は技術としての記憶力を広く世の中に伝え、さまざまな立場の人々の記憶力向上に貢献し、それにより豊かな生活を享受してもらうこと。その活動を使命とし形にするため、一般社団法人日本記憶能力育成協会の設立に至る。
    NHK総合「ためしてガッテン」や「助けて! きわめびと」、TBSテレビ「マツコの知らない世界」など、テレビ出演多数。


    脳にまかせる勉強法

    年齢を重ねるにつれて覚えが悪くなると思っている人がいたら、それは間違いです。脳はいつからでも鍛えることができます。世の中に存在する試験と名のつくもののほとんどは記憶の量で結果が左右されるので、記憶力さえ身につければ、たいていの問題は解決できます。そこで、本連載では、新刊『世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法』から、「覚える」「引き出す」「やる気を出す」「集中力を保つ」など、40代・独学でも4回連続日本一になれた、脳の編集力を最大限に利用した最強の記憶術を紹介します。

    「脳にまかせる勉強法」

    ⇒バックナンバー一覧