ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
脳にまかせる勉強法
【第7回】 2017年3月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
池田義博

意味の通じない言葉でも反射的にラクに覚える

新刊『世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法』では、脳の仕組みを活用し、4回連続記憶力日本一、日本人初の記憶力のグランドマスターになった著者による世界最高峰の勉強法を紹介していきます。記憶力が左右する試験、資格、英語、ビジネスほか、あらゆるシーンで効果を発揮するノウハウを徹底公開します。

記憶のプロでも使っている、頭文字で覚える方法

 ここまで勉強内容を覚えやすくするための工夫をいくつかお伝えしてきましたが、記憶術には、あまり工夫を必要としない、省エネで手軽にできる便利な方法があるのです。

 皆さんがすでに使っているものです。

 太陽系の惑星、「水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星」を「すい・きん・ち・か・もく・どっ・てん・かい」と唱えて覚えませんでしたか。

 化学で出てくる元素の周期表、「水素・ヘリウム・リチウム・ベリリウム……」も「すい・へー・りー・べー……」ですね。

 これらの文字列にまったく意味はありません。今まで意味のないものの記憶は脳は苦手であると言ってきましたが、なぜこれらは覚えることができたのでしょうか。

 それは「脳をだまして、記憶力を上げる3つの方法」のところで出てきた「脳のだまし方(2)」の条件を利用したからです。

「記憶の定着度=復習の回数」

 復習すればするほど、記憶はしっかり定着していきます。要するに、最初に受ける印象の薄さを回数でカバーしたというわけです。

 今回の記憶術は、この脳の特性を利用する方法です。

 やり方はとても単純で、複数の覚えるべき言葉の頭文字を取り出して、それらをつなぎ合わせて文字列にするだけです。

 まったく意味をなさない文字列が出来上がりますが、それで問題ありません。

 これまで紹介してきた記憶術は、脳にインパクトを与えて強く印象を残すのが目的でした。それにより、はじめから記憶が強く残るという利点がありました。

 しかし、今回の方法は準備や工夫がほとんどいらないぶん、復習の回数で補う必要があります。

 頭文字を集めて出来上がった文字列を読むのにそんなに時間はかかりません。

 言い換えると、ストレスなく簡単に何度も復習ができる記憶術ともいえます。

 その手軽さゆえ、これまでの記憶術で重要視してきた脳に与えるインパクトを回数で補うことが可能なのです。したがって、この記憶術のポイントは、単純に「声に出して何度も唱えること」だけです。

 試しに、戦後のアメリカ大統領を覚えてみましょう。

 「トルーマン」
「アイゼンハワー」
「ケネディ」
「ジョンソン」
「ニクソン」
「フォード」
「カーター」
「レーガン」
「ブッシュ」
「クリントン」
「ブッシュ」
「オバマ」
「トランプ」

 これらの頭の文字だけとって文字列を作ると、「トアケジョニフォカレブクブオト」となります。

 初めて聞く音なので、「一体何のこっちゃ」という感じですよね。

 何度か口にしていると、自分なりにしっくりくる区切りの位置が見つかります。

 私なら、「トアケジョ/ニフォカレ/ブクブオト」で切りますね。

 その位置で区切って唱えればリズムも取りやすくなり、音が体に馴染みやすくなります。

 あとは、これを口に出して繰り返すだけです。繰り返しているうちに、「すいきんちかもく……」や「すいへーりーべー……」のように音が脳に染み付いてきます。

 この記憶術は簡単にできて、しかも応用範囲はかなり広いものです。

 ヨーロッパのEU加盟国だろうが、シェイクスピアの悲劇の作品名だろうが、何にでも使える方法です。ただし、何度も繰り返して音を体に染み込ませないとすぐに忘れてしまうので、そこはくれぐれもご注意を。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
売れる販売員は似合わないものを絶対に売らない

売れる販売員は似合わないものを絶対に売らない

桐山知佳 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
接客すればするほど、あなたのスキルがあがる! ファッション、美容部員、アクセサリー、家具ほかすべての販売員へ。プロのセンスを「持つ」、「伝える」方法

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、4/16~4/22)



池田義博(いけだ・よしひろ)

一般社団法人日本記憶能力育成協会会長。
大学卒業後、大手通信機器メーカーにエンジニアとして入社。その後、学習塾を経営。 塾の教材のアイデアを探していたときに出合った記憶術に惹かれ学び始める。このとき、記憶力を競う記憶力日本選手権大会の存在を知り出場を決意。独学での 練習の末、初出場した2013年2月の大会で優勝し記憶力日本一となる。その後、14年、15年と3連覇。17年も優勝し、出場した4回すべて記憶力日本 一に。
また、13年12月、ロンドンで開催された世界記憶力選手権において、日本人初の「記憶力のグランドマスター」の称号を獲得する。
次の夢は技術としての記憶力を広く世の中に伝え、さまざまな立場の人々の記憶力向上に貢献し、それにより豊かな生活を享受してもらうこと。その活動を使命とし形にするため、一般社団法人日本記憶能力育成協会の設立に至る。
NHK総合「ためしてガッテン」や「助けて! きわめびと」、TBSテレビ「マツコの知らない世界」など、テレビ出演多数。


脳にまかせる勉強法

年齢を重ねるにつれて覚えが悪くなると思っている人がいたら、それは間違いです。脳はいつからでも鍛えることができます。世の中に存在する試験と名のつくもののほとんどは記憶の量で結果が左右されるので、記憶力さえ身につければ、たいていの問題は解決できます。そこで、本連載では、新刊『世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法』から、「覚える」「引き出す」「やる気を出す」「集中力を保つ」など、40代・独学でも4回連続日本一になれた、脳の編集力を最大限に利用した最強の記憶術を紹介します。

「脳にまかせる勉強法」

⇒バックナンバー一覧