ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
もし親に何かあったらあなたの生活はどうなるか?
【第8回(最終回)】 2011年6月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
村田裕之 [村田アソシエイツ株式会社代表取締役/東北大学特任教授]

近ごろ、物忘れが多くなってきたなと思ったら…。
「学習療法」のすすめ

1
nextpage

 これまでの連載でお話ししたように「高齢期の親に関わる諸問題」に起因するトラブルは、「親の死後に起こるトラブル」と「親の生前に起こるトラブル」の2つに分けられます。「親の死後に起こるトラブル」の大半は、親の遺産相続にまつわることで、親が公正証書遺言を遺すことである程度予防できることを説明しました。

 一方、「親の生前に起こるトラブル」の大半は、親の介護にまつわることです。そして、介護が必要になるのは「認知症の発症」と「身体の衰え」が主な原因です。したがって、「親の生前に起こるトラブル」を予防する根本的な対策は、「認知症の発症」と「身体の衰え」を予防することです。今回は、認知症の予防策についてお話しします。

全国1600ヵ所で、1万7000人以上が取り組んでいる「学習療法」

 認知症の予防には、(1)脳を活性化させる活動をする、(2)生活習慣病を避ける、(3)適度な運動をする、のがよいとされています。脳を活性化させる活動のなかでも、音読・手書き・簡単な計算とスタッフとのコミュニケーションによる「学習療法」は、全国1600以上の介護施設や自治体の健康教室に導入され、認知症の改善や脳機能の維持・向上に大きな効果を上げています。学習療法は、私が所属している東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授、(株)公文教育研究会、および高齢者施設を運営する社会福祉法人・道海永寿会により開発されたもので、最近は海外からも高い関心が寄せられています。

 運営主体の(株)くもん学習療法センターによれば、認知症の人の脳機能改善を目的としたプログラムを狭義の「学習療法」と呼び、健康な人の脳機能維持・認知症予防を目的としたプログラムを「脳の健康教室」と呼びます。狭義の「学習療法」は、これまでに全国1200以上の介護施設に導入され、約1万2000人の認知症の人の症状改善に大きな効果を上げています。また、「脳の健康教室」は、全国の自治体の約400の会場で、5000人以上の人が取り組み、脳機能の維持・認知症予防に役立っています。

 結論から言うと、あなたの親がまだ認知症にはなっていないものの、物忘れが多くなってきたと思われたら、ぜひ、最寄りの脳の健康教室に通うことをお勧めします。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村田裕之 [村田アソシエイツ株式会社代表取締役/東北大学特任教授]

新潟県生まれ。1987年東北大学大学院工学研究科修了。日本総合研究所等を経て、02年3月村田アソシエイツ設立、同社代表に就任。06年2月東北大学特任教授、08年11月東北大学加齢医学研究所 特任教授、09年10月に新設された東北大学加齢医学研究所スマートエイジング国際共同研究センターの特任教授に就任。エイジング社会研究センター代表理事。わが国のシニアビジネス分野のパイオニアであり、高齢社会研究の第一人者として講演、新聞・雑誌への執筆も多数。
 


もし親に何かあったらあなたの生活はどうなるか?

あなたの親は70歳を過ぎていますか? まず、親が70歳を過ぎ元気なうちにやるべきことは、親が将来、認知症になったり、要介護や寝たきりになったときの備えと、亡くなった後のトラブル予防です。

「もし親に何かあったらあなたの生活はどうなるか?」

⇒バックナンバー一覧