ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
なぜあの人の話に納得してしまうのか
【第1回】 2011年5月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
中谷彰宏 [作家]

説得するのではなく、
納得するお手伝いをする。

1
nextpage

人は「納得する」のは好きですが「説得」されるのは嫌いです。ところが多くの人は、聞き手を説得しようとして失敗します。聞き手が納得してくれるような話し方のコツを集めた本『なぜあの人の話に納得してしまうのか[新版]』の中から、納得してもらうための話し方のコツを紹介いたします。

説得力のある人は
説得するのではなく、
納得するお手伝いをする。

 人に、納得してもらうのは、それほど難しいことではありません。

 人間にとって、納得することは快感だからです。「納得できない」というのは、不快なのです。納得するのは好きですが、説得されるのは嫌いです。

 聞き手を納得させることのできない人は、なんとか力ずくで、聞き手を説得しようとしてしまうから失敗するのです。

 説得は、難しい。でも、納得なら、簡単。

 話し手は、聞き手が納得するお手伝いをすればいいのです。聞き手を力で引っ張るのではなく、聞き手の背中を支え、軽く押してあげるだけでいいのです。

 あなたの得意な料理は何ですか?

 では、その料理の仕方を説明してください。

 料理の仕方の説明を聞けば、その人の説得力がどれくらいあるかわかります。

 私は、料理が好きです。私の父親も、料理を作るのが好きです。テレビの料理番組に出る時など、料理の作り方を、電話で父親に聞いたりします。

 その時、父親は、必ずこういう教え方をしてくれます。

 「簡単じゃ。Aして、Bして、Cするだけでええんや。ただな、Dだけに、気をつけたらええんや。簡単じゃ」

簡単だと、最初に言う。

 ここに、人を納得させるための、話し方の基本がすべてこめられています。

 ①まず、簡単であることを、聞き手に伝える。

 聞き手は、簡単であると聞いて安心します。

 「ちょっと、難しいけどね」と言われると、聞き手は、話を聞きたくなくなります。

 語尾も「…しなければならない」ではなく、「…するだけでいい」と言うのです。

 説得力のない人ほど、「…しないとダメ」という言い方が多いのです。

 ②ポイントは、3つだけ伝える。

 4つ以上になると、もう伝わりません。

 3つのそれぞれの一つ一つも、簡略にまとめる必要があります。

 聞き手の頭を整理する前に、あなた自身の頭を整理することが必要なのです。

 ③注意は、1つだけ付け加える。

 説得力のない人は、最初から最後まで、注意だらけです。

 注意は、1つだけだから、印象に残るのです。

 注意された後は、聞き手は、「大丈夫かな」と自信をなくしますから、そこでもうひと言「簡単ですよ」というひと言を添えるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    捨てる力 ブッダの問題解決入門

    捨てる力 ブッダの問題解決入門

    大喜多健吾 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    多くのビジネスパースンが抱える悩みは、「煩悩、偏見、執着」に捉われているせいです。ブッダの教えにしたがって、「煩悩」を静め、[偏見」を捨て、「執着」を手放せば、本当に必要なものが手に入り、人生は好転し始めます。仏教の教えを問題解決の方法に応用した初のビジネス書。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/13~8/19)



    中谷彰宏 [作家]

    1959年4月14日、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務所設立。ベストセラー「面接の達人」シリーズを含め、著書多数。中谷彰宏公式ホームページ
    ダイヤモンド社の中谷彰宏の本


    なぜあの人の話に納得してしまうのか

    「なぜあの人の話に納得してしまうのか」

    ⇒バックナンバー一覧