ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
30代で知っておきたい「お金」の習慣
【第4回(最終回)】 2011年6月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
深田晶恵

家は40代で買いなさい!
今の30代が1000万円以上トクをする
マイホーム購入法

1
nextpage

「賃貸に住んで、家賃を払い続けるのはムダ。結婚したらマンションを買ったほうがおトク」――。これは一見、堅実な考え方のように思えます。しかし、いまの30代にとって、家は「買うのが遅いほどよいもの」なのです。先日発売した『30代で知っておきたいお金の習慣』の内容の中から、コツを知っておくだけで1000万円以上もトクする、マイホーム購入法をご紹介しましょう。

賃貸に住むと家賃がもったいない、
という考えは20年前までの話

 30代のカップルは、結婚と同時にマンションを買うケースが目立ちます。背景には、「賃貸に住んで家賃を払い続けるのはもったいない」という、堅実な30代ならではの意識があるようです。

 でも実は、いまの30代にとって、住宅は「買うのが遅いほどよい」ものなのです。理由の一つは、これからライフスタイルが変化するかもしれないのに、住宅の買い替えが難しいこと。もう一つは、頭金をしっかり貯めて住宅ローンの返済期間を短くすれば、生涯の支出を1000万円以上もカットできることです。

 まず、一つめの理由について考えてみましょう。

 30代で、これから結婚する、あるいは結婚したばかりという人であれば、今後どんなライフスタイルになるかわからない部分があるはず。子どもが何人になるのか、転職して勤務地が変わることはないのかなど、考えてみれば予測できない要素がずいぶん多いのではないでしょうか。

 しかも、いまの30代は、一度住宅を買ったら「今後、住み替えるのは難しい」という前提に立つ必要があります。

 50~60代の人たちにとっては、家の買い替えは当たり前のことでした。結婚当初はアパートや公団に住み、頭金を貯めてマンションを買い、マンションが値上がりしたら売却して、値上がり益を頭金として一戸建てを買ったのです。

 ところが、いまの時代は不動産価格の上昇を期待することができません。頭金をあまり入れずに住宅ローンを組むと、マンションの価値よりも住宅ローン残高のほうが多い状態が長く続きます。

 マンションを売って住み替えようとすれば、売却価格とローン残高の差額を用意したうえ、さらに次に買う住宅の頭金も準備しなくてはならないのです。最初に買ったマンションのローンを返済しながら、それだけのお金を貯めるのは、現実的ではないでしょう。

 つまり、30代の人にとって、住宅選びは「終の住み処」を決めることに等しいのです。「どんな住宅がほしいか」を考えるのは、ライフスタイルがある程度固まる40代以降にするのが合理的だと思います。

 次は、二つめの理由について見ていきましょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


深田晶恵 

ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。

1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。20年間で受けた相談は4000件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、レタスクラブ等でマネーコラムを連載、ほかにダイヤモンド・オンラインでの『40代から備えたい 老後のお金クライシス!』のネット連載も 好評。

主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』、『投資で失敗したくないと思ったら、まず読む本』『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』、『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。
1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。18年間で受けた相談は3500件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、ダイヤモンド・オンライン等でマネーコラムを連載中。
主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』『投資で失敗したくないと思ったらまず、読む本』、『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。


30代で知っておきたい「お金」の習慣

30代で知っておきたい「お金」の習慣

「30代で知っておきたい「お金」の習慣」

⇒バックナンバー一覧